Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
my Copen
Selected Entries
Categories
Archives
Recommend
モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない
モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない (JUGEMレビュー »)
マリー=フランス イルゴイエンヌ, Marie‐France Hirigoyen, 高野 優

Recent Comments
NO FUR
『あなたが買わなければ毛皮をはがされずに済みます』 Fur-Free.com
それでもリアルファー?
Recent Trackback
Bookmark
Profile
Lifeboat
Search This Site
Others

ポピンさんの夜間飛行

Every cloud has a silver lining.
今日もススム。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
2006.11.29 リアパフォーマンスブレース装着!
以前は、コーナリングのときに、シャシーのねじれとともに
リアがバタつく感じがあって落ち着かなかった。

コペンに乗り込んでいるときはクルマと一体になっている感覚が
あるので、言うなれば「お尻の方がとっちらかっている。リアが
ついてきてくれない」という表現がわたしにはしっくりくるんだけど、
そのまんまのコトバを聞かされた友人は、「は???(笑」って。
お尻の方が、っていうのはやはりシートに接しているお尻から
感じ取っているからなのね(^^;

「自分のお尻=コペンのリア」という図式@自分のあたまの中。
じゃあフロントはどこなのよ?という矛盾にはツッコミを
入れないでねっと(笑。


それで、タイヤがとっちらかってる感じ、リアがバタつく感じ、と
言いなおしたら、分かってくれた(笑。そして、リアパフォーマンス
ブレースを勧めてくれたのでした。
(2007.4.25追記。まだまだ追記および修正は続く。すんましぇん^^;)









あとでゆっくり追記〜♪
Posted by ポピン
コペン/ドライブ / 00:10 / comments(2) / trackbacks(0)
2006.12.22 ワンオフ灰皿イルミ


ぬ〜っ!いじらしい作業だわ!グッジョブ!おーっ

とりあえず写真だけUPしておきます(^^)

あとで追記〜♪
Posted by ポピン
コペン/ドライブ / 23:39 / comments(2) / trackbacks(0)
ハンコ屋さんのSR
JUGEMに来てからコペン記事があまりに少なく、
今月はコペン記事強調月間にしようと思っていたのに(笑。

某県庁所在地にて見かけたSR乗りのいるハンコ屋さん。

商品とウィンドーの間にSRだ。
SRだから絵になるんだ。

ああ。好き♪
ハンコ作りたくなってしまった(笑。

(せっかく「コペン」で検索してきてくださった方は、
ぜひコチラへも飛んでみてくださ〜い^^)
Posted by ポピン
コペン/ドライブ / 18:57 / comments(2) / trackbacks(0)
ランデブー
わき道から、渋滞する本流に合流するときに、
道をあけてくれたのはシルバーのコペンだった。

コペンと前後に並んで走るのは初めてだったので、
つい嬉しくなって、パチリ。

どこかの銀コペオーナーさん、ありがと〜。
Posted by ポピン
コペン/ドライブ / 14:30 / comments(4) / trackbacks(0)
紙ねんどコペン
今日はこれから勉強会に出席するため、
ムスメっちを実家に連れていきます。

そのまえに、家族サービスってことで(?)
紙ねんど遊びを少々…。


たのし〜♪

乾いたら緑に塗ろうっと♪
Posted by ポピン
コペン/ドライブ / 17:15 / comments(0) / trackbacks(0)
物干しバー in Copen
タワーバーでもなく、ロールバーでもなく、
物干しバー装備のハナシ(笑。


以前、伸縮物干し竿を買いに行ったときは、
オープンにすれば余裕で運べるだろうと思った
のだけど、入れてみたらクローズドでも入ったのね(^^)

助手席の足元から、運転席シートの後ろに突き刺す
ようにしてね。

その前向きな記憶のせいで、2本目の物干し竿を
意気揚々とショッピングカートに乗せた本日のワタシ。


そしたら、コレだ(^^;


ほかにもいろいろと買出しに行ったので、
トランクにも助手席シートに助手席足元にも
荷物がい〜っぱい。

そんなワケで、今回はシートと頭の間に突き刺す
ハメに。物干しバーを肩に背負うような感じで、
背中を丸めて前傾姿勢、ドア側にカラダを傾けつつ…。

うしろに束ねた髪が物干しバーに干渉して首を回すのも
難儀な状態で、よりによって知人に遭遇。

横断歩道を渡る彼女に、猫背のまんまムリして首を回し、
にこやかに挨拶(笑。

くすりと笑う彼女(娘の小学校で知り合ったお母さん^^;)。

笑うわな、そりゃあ。ただでさえ小さなコペンの中で
小さくなってる人がヘンな角度で振り向くんだから(^^;


と、ともかく…

コペンは物干し竿も運べるんです♪(拍手〜)
(ただし、伸縮最長3mタイプまで、ね!!!)
Posted by ポピン
コペン/ドライブ / 15:58 / comments(2) / trackbacks(1)
24ヶ月点検
久々のコペン記事…。めぼしいネタがないので
点検すら記事にする。

24ヶ月点検といっても、遅れ遅れになっているので
実質29ヶ月め点検です。

ダイハツで新車購入時に『ワンダフルパスポート36』
(55,000円くらい)というものに入ったので、3年目の
車検を含む7回の点検が受けられます。

新車購入時は痛い5万円だと思ったけれど、毎回特別な
コトを注文しなければ出費ゼロで法定点検等が受けられて、
エンジンオイルやオイルエレメント、ワイパーブレードの
などの交換もコミコミだから便利。

ターボ車なので、ワンパス以外にもがんがんエンジンオイルを
交換するつもりでいたのに、結局はワンパス日程を遅れ遅れで
受けるのがやっとの状態(^^; 


ちなみに、今までワンパスのサービス以外でディーラーに
お願いしたものは次のとおり。

.掘璽肇リーニング 1ヶ所 1500円
   娘にコーンスープをこぼされたしつこい汚れをネ。。。
▲潺奪轡腑鵐イル交換 4100円(6ヶ月目と今回)
エンジンオイル フラッシング 2600円
ぅ┘▲リーンフィルター装着 3500円
   エアコンのフィルター。花粉にも効果アリらしい
ゥ汽ぅ疋屮譟璽付近一帯にこぼしたコーヒー(ブラック)
 の行方点検 0円
   助手席に乗せた母がぶちまけたコーヒー(泣。
   狭いのに慣れてないから起きた大惨事。。。
   電動オープンスイッチを始め、電装系スイッチが
   集中している場所なのでちょっと心配
Τ阿修Δ箸靴燭蘰が捻じ切れたボルトの救出および発注 0円
   走行には問題ない場所です
Д螢▲僖侫ーマンスブレース購入 ボルト込み2700円
    これについては後日追って(^^)♪


あまりにも汚れていたので、ディーラーへ持っていく前に
軽く洗車していったのだけど、点検が終わったらより美しく
なっていました。室内もキレイにしていただいちゃって(^^;
いやはや、どうもありがとう。
Posted by ポピン
コペン/ドライブ / 16:01 / comments(8) / trackbacks(3)
カンヅメ
JUGEMに来てからコペン記事をUPして
いないのが気になる(笑。

さて、今日は、某行政処分と講習を受けるため、
免許センターで終日カンヅメでした(^^; 

最初に講師から断りがありました。その断りとは…
「そんなの分かってるわいという態度の人」
「居眠りをしている人」等は減点します、というもの(笑。

なにしろ朝から夕方までびっしりのスケジュールなので、
できるだけ楽しく過ごそうと思い(笑、初心に返って
真摯に聞き入ってきました。

知らなかったのですが、道路交通法で定められている
身体障害者のマークは、アルファロメオみたいな四つ葉の
クローバー(青)なんですね。よく見かける車イスの
マークは、国際シンボルマークなんだとか。


静止視力と動体視力を測ったのですが、8人中、堂々の
第2位でした(^^) わたしより若い男の子がたくさん
いたのに、みんなどーした!?

ただし、講師からの個別コメントは、
「視力がいいことを過信しないように」でした(^^;


1台1600万円したというシミュレーターにも乗って
きました! ハンドルもメーターもウィンカーも本物で、
見るなりワクワクしてしまったわたし(笑。

オートマとマニュアルが選べるというので、もちろん
マニュアルを選択。さて、乗り味はどうかしら?

って、本物のクルマじゃないんだから(笑、乗り味も
何も…ね。クラッチつないでもつながったのか分からなくて
エンストしそうだったし(しないってば!)、シフトは
コクッと入らないし(笑。

ペダルからもシフトノブからもエンジンからの振動が
伝わってこないのに、目の前の風景が変わっていくというのは
キモチ悪いものだなと思いました。近未来、すべてが
電気自動車になったら、わたしは感性に異常をきたすかも
しれないです(笑。

ちなみに、シミュレーターでは、30人中2人だけがランクA。
そのひとり、わたしね(笑。だからどうしたという話ですけどね。

これでゴールド免許はなくなってしまうわけですが(泣、
来年の今日まで(!)、無事故無違反でがんばりま〜す!
Posted by ポピン
コペン/ドライブ / 18:44 / comments(8) / trackbacks(0)
今でも愛してる
某ブログにバイクネタのコメントを書いたら、
なつかしい思い出がよみがえってきて、書かずにはいられなくなっちゃった。

ヤマハSR love
YAMAHA SR400 (↑このカタログ、なつかしい!) 
わたしが26,7のときに乗っていたバイク。
両親に大反対されながらも、「わたし、もうオトナだから!」と
豪語して、親の心配をよそに、一緒に蜜月を過ごしたバイク。

単気筒独特のドッドッドッドッドッ!と低く響くシンプルな鼓動が
たまらなく好きで選んだの。高性能ではないし、高回転まで回すと
手のひらからビリビリと細かい振動が伝わってきて、耳の中まで痒く
なってきちゃうようなエンジンだったけど、とにかくシンプルで美しくて、
ただ一緒にいるだけで喜びを感じさせてくれるバイクだったの。

なんといっても、デビューした1978年から、マイナーチェンジのみで、
姿はほとんど変わっていない。クラフトマンシップを感じる名車。
細部のパーツがホントに綺麗だった。

セルはついてなくて、キックでのスタート。
どういうことかというと、キーを回してエンジン点火するのではなく、
右側についているキックペダルに右足をかけ、全体重をかけて(わたしの
場合ね)下に踏み込むことでエンジン始動させるの。

このキックスタートが大変なんだ(^^;自分でもよく買ったと思う。
実際、センタースタンドを立ててないと、思いっきりキックできなかったし。
でも、どうしてもSRだったんだなぁ。SRに乗りたくて中免とったんだもん。

納車してすぐに日光ツーリングへ行ったんだっけな。
帰りの渋滞では、重いクラッチレバーを握る左手の握力が限界に達して、
つりそうになったっけ(^^; あれには泣けたなぁ。

何十年も変わらないスタイルだから、往年のファンもたくさんいる。
わたしが小さい頃に若者だった人たちが、目を輝かせながらわたしの
SRにいとおしげに触れ、SRにまつわる思い出話を聞かせてくれた。
世代がずっと上の人たちも、SRの変わらぬ姿にノックアウトされちゃうの(^^)
みんな少年の顔になる。

ある夜、国道で信号待ちをしていたときに、隣りの車線に並んだ原チャリ
のおじさんが「おねえちゃん、これ乗れるの!?キックしかないだろ?」
と話しかけてきて、賞賛の眼差しをビシバシと送ってくれたこともある(笑。

ガソリンスタンドでもしかり(笑。

名車だー

そんなSRをなんで手放すことになったかというと、事故です、事故。
通勤途中、直進していたときに、左から突然でてきた乗用車をよけきれず、
対向車線まではね飛ばされて、左足のスネを開放骨折。
おかげで、当時勤めていた会社の社員旅行(ラスベガスー!)に行けなく
なっちゃった。

病院に駆けつけた母は、ショックのあまり言葉が出なくて、
「だいじょうぶだよーん」とわたしが笑ってみせても、表情をこわばらせた
ままだった。
退院後も、わたしの足の傷痕を見るたびに父は泣き出しそうになるし、
足の中には金属のプレートが入れられてサイボーグになっちゃったしで(笑、
とてもじゃないけど、「足折ったけどまた乗りたい」だなんて言える雰囲気
じゃなかった(^^;

こんな風に、心配ばっかりかけているムスメなんだな、わたしは。

親愛なる当時の上司の方々にはアタマが上がりません。
長期で会社を休むことになってしまったのに、ショットバーには行けない
だろうからと病室にジャズのCDを差し入れしてくれた社長、入院中の
わたしに代わって保険屋との交渉ごとまでこなしてくれた頼れる上司N氏。
おふたりとも、「それでもまだ乗りたいの?バッカだねえ〜」と、今でも
笑ってくださる(笑。


以来バイクには乗ってない。
今はこどもがいるから、ますます乗れなくなっちゃった。
今度は開放骨折じゃ済まないかも、って思うから乗れない。

その後、ノスタルジーブームが本格的に到来して、わたしよりずっと
若いたくさんのコたちがSRに乗り始めた。SRの音は覚えているから、
街中でも敏感に反応してしまう。懐かしい鼓動音を聞くと、
いてもたってもいられないほど興奮して、胸がきゅんきゅんする(笑。

で、SRは若造が乗るものじゃないぞ!バイクは、責任がとれるように
なったオトナが乗るものなんだぞ!なーんて、若者の背中に向かって
つぶやくのです。でもこれは、自分が乗り続けられなかったから
悔しくて言ってるの(笑。世代ごとにSR乗りがいる。昔とまったく
変わらない姿のままで世代を超越して乗り継がれているバイクなんて、
そうそうない。

あ〜。死ぬ前にもう一度SRに乗りたい。あの鼓動をカラダに感じたい。
それがムリなら、飾っておくだけでもいいから、そばに置きたい。
わたしはね、コレ!って惚れこんだら最後、ベタ惚れで、全くしつこいよ(笑。

足の傷はだいぶ薄くなったけど、一生残るだろうな。でも、この傷を
わたしは愛してるんだ。「バイク乗りの勲章」とか「SRとの愛の記憶」
ぐらいに思ってるんだ。やっぱりバカかもしれない(笑。

2シーターのオープンカー、コペンを買った動機には、バイクに似た
感動を味わえるっていうのもあったんだ。そう。風になれるってこと♪


最後に、おまけといってはナンだけど、
GBクラブマン
HONDA GBクラブマン
SRの前に中古で買って乗ってたの。これも単気筒ね(^^)
ん〜、これも美しいバイクだった。
これはね、あっという間に盗難にあってサヨナラだったの。
Posted by ポピン
コペン/ドライブ / 22:51 / comments(22) / trackbacks(0)