Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
my Copen
Selected Entries
Categories
Archives
Recommend
モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない
モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない (JUGEMレビュー »)
マリー=フランス イルゴイエンヌ, Marie‐France Hirigoyen, 高野 優

Recent Comments
NO FUR
『あなたが買わなければ毛皮をはがされずに済みます』 Fur-Free.com
それでもリアルファー?
Recent Trackback
Bookmark
Profile
Lifeboat
Search This Site
Others

ポピンさんの夜間飛行

Every cloud has a silver lining.
今日もススム。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
逃げ出す目覚まし時計!(笑)


これ 欲しいかも!(笑)
NANDACLOCKY

最近 朝ちゃんと起きる自信がまったくないんですよね〜(^^;

コチラのカワイイ顔をした目覚まし時計はアラームが鳴り出すと、車輪が回り、お部屋の中をアチコチかけ回って、アラームを止めさせてくれません!!その名は『ナンダクロッキー』。アラーム音も単純な電子音でなく、まるでロボット語(?)のよう。例えて言うなら映画「スターウォーズ」に出てくるR2-D2の声みたい。これはもう時計というより、目覚ましロボットと言うべきカモ!朝が苦手なアナタもここまでされたら、起きちゃいますよ!ベッド下の奥に逃げ込まれる前に早く捕まえないとっ!!

おバカな商品ですねぇ。好きです(笑)

このナンダクロッキーは、米国マサチューセッツ工科大学に通う学生、ガウリ・ナンダが研究した末に製品化されました。ニューヨークMoMAでもいち早く販売を開始。このユニーク極まりないアイデア商品はアメリカでTV、雑誌あらゆるメディアで注目され、大きな話題に!

Posted by ポピン
雑録収納箱 / 13:05 / comments(6) / trackbacks(0)
「ははうえさま」
少し前に、ケーブルテレビでアニメ『一休さん』を見ました。
エンディングの曲を聴いていたら、懐かしさで胸がいっぱいに
なってしまいました。懐かしさどころか、歌詞が一句違えずに
するすると口から出てきた自分に感激しちゃいました(笑。


『ははうえさま』 (1975)
歌/藤田淑子 作詞/山元護久 作編曲/宇野誠一郎

ははうえさま お元気ですか
ゆうべ杉のこずえで
あかるくひかる星ひとつみつけました
星はみつめます ははうえのようにとても優しく
わたしは星にはなします
くじけませんよ 男の子です
さびしくなったら はなしにきますね いつかたぶん
それではまた おたよりします
ははうえさま  いっきゅう


(1975! わたしは再放送?orリアルタイム?)

歌えた人、手あげて〜!(笑。


「これ、手紙になってたんだよ!一休さんが母上へ宛てた
お手紙だったんだよ!」(←今さら)と妹に向かって感慨深く
叫んでみましたが、カラ回りしました。はい。

一休さんの痛快トンチお笑い劇を見たあとに流れる、このしっとりと
したエンディング曲の余韻。子どもの心に優しいものを残してくれた
のだろうなと思う。


昔のアニメの曲は、なんというか…、プロだったなと思う。

売上至上主義でなくて、そのアニメのための、それを見る子どもの
ための、作り手のこだわりを感じる。いい時代であったかどうかは
分からないけれど、子どもが子どもらしく、大人が大人らしくいられた
時代の産物であるように思うのだ。
Posted by ポピン
雑録収納箱 / 00:04 / comments(8) / trackbacks(0)
フッ素を疑ってみる
子どもの小学校のママさんたちと話していたら、
定期的に歯医者に行って子どもの歯にフッ素を塗って
もらっているというママさんたちがかなりいた。

うちの子の場合は、乳幼児の頃に自治体で無料で塗って
もらったことがあったが、塗るか塗らないかは親の判断であった。
「え?え?フッ素ってなに?塗るってなに?」と土壇場に
なって保健師(?)さんに訊ねた記憶がある。

その頃から、なんとなくフッソに疑いというか、よく
分からない・自分が子どもの頃にはなかったもの・
なんとなく自然ではないもの・を安易に子どもの身体に
入れたくはないなあ…という気持ちがあった。

定期的に塗っている、というのはわたしにとっては
初耳といいますか、世の中にはいろんな行事があるのね〜
といいますか(笑。


それで、ついつい前述のママさんたちに向かって、
「フッ素って身体に悪くないのかなあ?」と素朴な、
シチュエーション的には“勇気ある”(笑)ツッコミを
してしまったのであるが、

みんな一斉に、

「え〜〜〜〜!?悪くなんかないでしょ〜っ(笑。
ハミガキ粉にも入ってるしさ〜。やっぱり虫歯になりにくい
と思うよ〜?」

そりゃあ入っていますが、たいてい消費者の側は
よくわからないままに商品を手にしているのであって。
悪くなんかない、と言えてしまうのはそれはそれで幸せ
だなあ、なんて思ったのでした。

新商品というのは、目にすればするほど、疑いをもたなく
なるのであって。即、目に見えて害ではないけれど、積もり
積もったらどうなるかわからないというものも今の世の中には
溢れているはず。

なにしろ、これだけ医療が発達していても、様々な病気が
増えておりますから。特に、原因不明のものは、積もり積もって
のパターンなのではないかと思うわけです。

やはりね、カラダに摂り込むものって、とても大切。
何がいい何が悪いというハナシではなく、その人が摂取した
様々なものがそのカラダとココロに様々な影響を与えている
のはまちがいないと思う。


で、こんなのを見つけました。
ユニセフがフッ素の安全性に疑念を表明

う〜ん。専門的なことはよくわかりませんけど、子どもに
フッ素は要らないや、というコトにしました、わたしは。
フッ素を塗り続けた子どもの歯が将来どうなるのか、
わたしには予想できないので。

そもそも、人間の本来のカラダは、そんなヤワなものじゃ
ないでしょ、と思うんだな。フッ素で守っても、将来的に結局は
弱い歯になってしまうと訴えている人たちも現にいるみたい。
それがたぶん正解、かなと思うんだな。


そういう我が家にも、フッ素入り子どもハミガキ粉が
で〜ん!とあります。もう捨てちゃおうっと(笑。
Posted by ポピン
雑録収納箱 / 11:17 / comments(12) / trackbacks(0)
ああ、やっぱりダメかもしれない
久々に朝っぱらから『報道2001』を見た。

年金改革による年金の離婚分割にからめて
「熟年離婚」について討論する場面。

男性陣の方が人数が多かったが、女性のゲスト二人が
語っている間、その男性陣の表情を見ていたらとても
おもしろかった(^^;

みんながみんな、憮然とした表情、もしくは議論に
参加していないフリ、をしているように見えた。

熟年離婚に至る経緯は、ひとことで表せるわけがない。
退職した夫をねぎらう気持ちが、どうして失せてしまったのか?
長い時間をかけて失せつつあることに、気づかなかったのはなぜか?

こういうハナシをするときに、

「いっしょうけんめい家族のために働いてきた夫を
あっさり捨てるとはけしからん」とか、
「会社でリストラされて、家庭でもリストラされてはたまらん。
男の存在とはいったいなんなのか」とか、
「夫の支えになろうという気持ちが起こらないとは
どうしたことか」

などと言っている人を見ると、あ〜あ、終わってるな〜と思う(^^;
そういう場で、そういうコトを言っている時点で、敗北しちゃってる。
(勝ち負けではないけど)

人と人とが関係しあって、影響しあって暮らしているのが
フウフであるはずなのに、そういう一方的な表現で切り返す
こと自体、事態が分かっておらんのぅ…と思うのだ。

議論の段階を分かってなくて、違う次元へ吹っ飛んで
語ってしまうことをなんというんだっけ?(忘れた〜)
この人たち議論が下手なんだろうなあと思うしかなかった(^^;
別にあなた方のフウフ生活のことを責めてるワケじゃないんだし(笑。


それにしてもだ、そのうちのひとりに、わが国の厚生労働
副大臣がいた。武見という人だ。

口を「ヘ」の字にまげて、他人事のように女性ゲストの
コメントを聞いているその姿は、どこかひょうひょうとしていて
他人事みたいだった。ちゃんと聞いているフリとか、理解しようと
しているフリもできないんだろうか、と…。

“定年後の夫をねぎらう気持ちが起きないとはひどいハナシだ”
程度のコメントをにやにやして放つ彼を見ていたら、
なんだかもうこの国はやっぱりダメかもしんないと思って
暗い気分になってしまった。カラダじゅう、ざわざわと拒絶反応。

一国を運営するトップ集団にこういう人がいるだなんて
信じたくても信じられませんや。


厚生労働副大臣には,武見敬三参議院議員と石田祝稔衆議院議員が就任した.
 武見副大臣は,平成七年の参議院議員選挙で初当選以来,外務政務次官,参議院厚生労働委員会理事,参議院外交防衛委員長などを歴任,今回,労働担当の副大臣として厚生労働行政に携わることとなった.九月二十七日に記者クラブで就任あいさつを行った武見副大臣は,子ども・子育て応援プランの実現に強い意欲を示した.

〜「日本医師会HP」〜


厚生労働大臣に、女は子どもを産む機械発言の柳澤伯夫氏。
その副大臣にこの武見氏。


 委員御指摘の点は全く私も同感でございます。人口が減少する社会の中で、日本が本当に活力のある社会を維持発展させていくということのためには、正にこうした少子化対策と雇用均等行政とを、これを表裏一体のものとして考えていくという基本姿勢は非常に重要であろうというふうにまず認識しております。
 そのために、子育ての総合的な支援とともに、公正かつ多様な働き方を実現できる労働環境の整備が極めて重要な課題であって、雇用均等行政が担う男女雇用機会均等対策、それから仕事と家庭の両立支援対策、パートタイム労働対策などは、これからの課題に対応し少子化対策の一役を担う役割を持つ具体的な政策だと、こういうふうに考えております。

〜参議院厚生労働委員会「妊娠、出産した女性が働きやすく、働き続けることができる職場環境整備について」での武見発言より〜


なんか、ムリ。あなたにはおそらく絶対にムリです。



ああいう場で、ああいう立場で、ああいう物言いを
してしまう社長のいる会社では、下にいる社員が苦労しそうだ。
女性社員なんか、子どもなんて産んでいられないだろう。
わたしなら転職するね。

って、国を転職するわけにはいかないしなあ。


というわけで、わたしは武見敬三という人の動向にちょいと
注目してみようと思った次第だ。

絶望ばかりもしていられないんで、シングルマザーは今日も
明日を生きるために仕事をするんであるよ!(^^)/
Posted by ポピン
雑録収納箱 / 13:34 / comments(0) / trackbacks(0)
タミフル
最近、インフルエンザの“特効薬”とされるタミフルの
副作用が話題に上ることが多い。

様々な症例や事故とタミフルとの間に因果関係がないと
されていても、疑わしきものを子どもに服用させる以上、
きちんとした説明を受けた上で判断したいのが親心。。。

お上から流される情報だけでは心もとない。

『薬害タミフル脳症被害の会』
むさぼるように読んでしまった。

娘が週末に高熱を出したので、今日は病院へ行きました。
インフルエンザかと思ったのですが、ちがったので
ひと安心です。

診察してもらった病院のカルテに、昨年タミフルを処方した
ことが書いてあり、過去に書いたブログ記事を思い出しました。

『インフルエンザA型!〜謎のお花摘み〜』
過去記事を読むと、何を信じていいかわからずに
右往左往しているひとりの親の姿が垣間見えます(笑。

タミフルのせいとも、インフルエンザのせいとも
素人には判断しがたいが、とにかく、こういうコトが
起こるのだな…。時間がたつと忘れてしまうものだ。。。



以下、読売新聞より引用。
喉元すぎて忘れてはいかんということで備忘録。
薬害対策「疑わしきは罰す」で安易な服用禁物
 インフルエンザ治療薬タミフルの服用後、中学生が転落死する事故が相次ぎ、厚生労働省は28日、医療関係者に注意を呼びかけた。(医療情報部 田中秀一)

 タミフルについては、過去にも服用した子供が転落死するなど、異常な行動を起こした例がある。薬の説明文書にも、重大な副作用として「精神・神経症状(意識障害、異常行動、幻覚など)」があると記載されている。

 だが、厚労省研究班が昨年、インフルエンザになった小児約3000人を調査したところ、異常行動を起こした比率は、タミフルを服用した場合、服用しない場合ともに1割強で、違いがなかった。このため、厚労省は「薬との因果関係は否定的」としてきたが、先月に転落死が2件続き、医療現場へ注意を喚起した。ただ、「タミフル処方の有無を問わず、異常行動の恐れがある」という内容で、今回のケースについても「副作用かどうかは分からない」としている。

 一方、薬害を監視する医薬ビジランスセンターの浜六郎理事長は、厚労省研究班調査を独自に分析し、「初回の服用直後に限ると、異常行動の発生率は約4倍高い」と指摘。「転落死ほどの異常な行動は、単にインフルエンザになっただけでは起きていない。因果関係を認めない厚労省の注意喚起は手ぬるい」と話す。

 薬に重大な副作用があっても、致命的な病気を治すなど有害性を上回る利点があれば、使用は許容できる。

 体力の落ちた高齢者がインフルエンザにかかると、重症化して命にかかわる場合がある。こうした事態を防ぐ目的で、タミフルが使われることも多い。

 しかし、大多数の患者の場合、インフルエンザは数日で自然に治る。タミフルの効果は、治るまでの期間を1日程度短くするにとどまる。「インフルエンザから脳症になるのを予防できる」と言う医師もいるが、それを裏付けるデータはない。

 結局、ふだん健康な人が、副作用の危険を冒してもタミフルを飲む利点は大きい、とは言いきれない。このような場合、薬の使用は慎重にすべきなのが当然だ。

 過去にも、「薬との因果関係が不明」として対策が遅れ、副作用被害が広がった例は少なくない。

 睡眠薬サリドマイドを妊婦が服用して赤ちゃんに先天異常が多発した事件では、ドイツの小児科医が1961年、新生児の異常に気づいて警告し、ドイツではいち早く販売が中止された。しかし、日本では「関連は不明」としてその後も販売が続けられ、被害が広がった。胃腸薬キノホルムによって手足のまひ、失明などに至ったスモン薬害でも、原因究明が進まないうちに被害者が増え続けた。

 これらは、原因が解明されてから対策に乗り出すのでは遅すぎることを示している。薬害に詳しい片平洌彦(きよひこ)・東洋大教授は「薬害を防ぐには、『疑わしきは罰す』姿勢が不可欠」としている。

 タミフルの半分以上が日本で使用されているとされ、薬の多用が今回の問題の背景ともなっている。医療現場は、副作用の可能性に配慮し、安易な薬の使用を改める必要がある。

 タミフル服用後の異常行動の例

 04年2月 岐阜 高2男子が服用の約3時間後、はだしで自宅から道路に飛び出し、トラックにはねられ死亡

 05年2月 愛知 中2男子が服用の約2時間後、自宅マンションから転落死

 07年2月 愛知 中2女子が自宅マンションから転落死

  同    宮城 中2男子が自宅マンションから転落死

(2007年3月1日 読売新聞)


↓さらに追記。
<タミフル>新たに異常行動2件 厚労省が10代の服用禁止
3月21日1時43分配信 毎日新聞

 厚生労働省は20日、インフルエンザ治療薬「タミフル」の服用後、いずれも12歳の男児が転落し骨折する事故が新たに2件起きていたことを発表した。同省は「因果関係は明らかではない」としながらも、同日深夜に会見し、10歳以上の未成年については原則、タミフル使用を控えるよう添付文書を改訂、医療機関に「緊急安全性情報」として配布するよう輸入販売している中外製薬に指示したことを明らかにした。予期しない重要な副作用が生じた場合に発する「緊急安全性情報」を同省が出すのは04年3月以来3年ぶり。

 同省によると、20日未明、インフルエンザと診断されタミフルを服用した男児(12)が突然、2回にわたり自宅2階に駆け上がってベランダから飛び降り、右足かかとを骨折した。また、2月8日にもインフルエンザと診断され、タミフルを服用した別の男児(12)が2階から飛び降り右ひざを骨折した。担当医は回復が早く、インフルエンザ脳症とは考えにくいとしている。

 これらの事故を受け、同省は10歳以上の未成年者については「合併症や既往歴によるハイリスク患者以外は原則、タミフルの使用を控える」とした。10歳以上の理由について、同省の黒川達夫・大臣官房審議官は「9歳までインフルエンザによる死亡例が多いため」と説明した。中外製薬の上野幹夫・代表取締役は「緊急安全性情報の作成・配布は速やかにしたい」と話した。

 タミフル服用後に異常行動を起こし、死亡した子供の事故は04年以降、計5件発生している。今年2月には愛知県と仙台市で中学生がタミフル服用後に転落死する事故が相次ぎ、同省ではインフルエンザにかかった未成年について、発症後2日間は目を離さないよう保護者に促すよう医療関係機関に注意喚起していた。【北川仁士】

 ▽厚生労働省研究班の班長としてタミフルの副作用を調べている横田俊平・横浜市立大教授(小児科)の話 飛び降りなどは、タミフルを飲まなくても生じた例もあり、学問的には副作用かどうか分かっていないと考えている。ただ、服用後にいくつも異常行動例が出たことで、厚労省が10歳以上の未成年で原則として服用を差し控えるよう求めたのは社会的措置としては理解できる。

 【タミフル】スイス・ロシュ社が製造するインフルエンザ治療薬。同社の推計では、01年の発売以来、世界の服用者の約8割にあたる約2450万人が日本で服用した。


10代未満についてはどうなんだろう???
Posted by ポピン
雑録収納箱 / 20:01 / comments(2) / trackbacks(0)
あと一歩が足らないの
ここ数年、感じているコト。

サービス業、あと一歩足らず。

たとえばね、スーパーで、カゴを持ってレジに並ぶでしょ。
以前はね、レジ係の人が前のお客の品を次のカゴに移し終わると、
次に並んでるお客のために、カゴを移動してさ、
次のお客が商品の入ったカゴをレジカウンターに乗せられるように
配慮してくれたもんだよ。

そういうの、最近とんと見ない。


たとえば、大きな飲食店で、お客に食事を運んだ店員が
あたりを見回さないで奥に引っ込んじゃう。
注文したそうにこちらを見ている人がいないか、
視線を回すことをしないのね、最近。

いや、きっと、センスある従業員は勝手に良質の
サービスを提供しているんだろうなと思う。

そういうことを伝える組織や上司がなくなっているのかな。

そういう店員がいたとしても、それはその人自身のセンス
であって、その店のポリシーではないと感じる。


商売っ気ないなと思う。

気づいてくれたら買ったのに、気づいてくれたら気持ちいいのに、
みたいなことがけっこうある。


某ファミレスで、店長自らしょぼいサービスしている
のを見るとゲンナリしちゃう。
センスない人が店長に抜擢されちゃうのかしらん。
Posted by ポピン
雑録収納箱 / 23:03 / comments(8) / trackbacks(0)
石灰にまつわるどうでもいい豆知識
今日は国道で渋滞に巻き込まれ、ちっこいコペンは
トラックに囲まれ、非常に息苦しかったのですが、

ころんとした黄緑色のタンクがかわいい、この働く
自動車に今日はスポットを当ててみました(笑。
フライアッシュを運ぶ働く自動車。だからどうした。
何を運んでるかというと、「フライアッシュ」だって。

なあに?ふらいあっしゅって。
続きを読む >>
Posted by ポピン
雑録収納箱 / 21:02 / comments(0) / trackbacks(0)
冬ごもり
冬は…
ゆっくり休みながら春を待つ季節なのではなかろうか。

一年の農作業もひとまず終わり、いろりのそばで
草鞋を編んだり、友人と酒を酌み交わしたり、
大根を干したり、たくさんのおやきをこさえたりして、
厳しい寒さをやりすごすのが正しい冬の暮らし方なのでは
なかろうか。

そして、春に新芽が芽吹くように、わたしたちのカラダも
目覚めてゆくのです。それが季節とともにある自然なリズム。。。


と、これはいきなり逃避モードですか(笑。



ドメスティックバイオレンスの被害に遭っている女性を
支援していた友人はよく言っていました。(被害者が)家を
飛び出るのは気候のよい季節がよいと。できれば夏。寝具など
なくても寝られるのがよいと。

寒いのは悲しい、寂しい。暖房や寝具がなければ死ぬかも
しれない。そんな寒さを思うと、だんだんとネガティブ思考に
なってしまい、自分の選択に対する自信が揺らぎ、DV夫の
もとへ戻ってしまいがちだからと。。。

これ、離婚後に独立シングルマザー生活を始めるときにも
当てはまると思う。ただでさえ不安定な時期、エネルギーを
必要とする時期なのだから、できれば太陽に後押しして
もらえるような季節がベストかと。


わたし。ゆるりゆるりと引越し準備をしているうちに、
一雨ごとに寒くなり、いつの間にやら暖房器具が必要な
季節になってしまいました。新居はエアコンだけでは部屋が
暖まらず、厳寒期を思うと、空しさ侘しさを感じずには
いられません。(思うな思うな!)(イミもなく沈殿…)

いろいろ揃えないといけないのに、暖房器具も必須アイテムに。
部屋は3つあるけど、どんなものをいくつ用意しようか。
冬はめんどくさいね。同じ理由で、スキーが嫌いです。
準備すべき荷物が多くていけません。


冬のキリリと冷たい透明な空気は好きです。が、
冬に、崖っぷち感覚でコトを始める。これはけっこう
タフな作業かもしれません。

これが夏だったら〜…。


話変わって、離婚してシングルマザー生活を始める人は
絶対に日当たり重視で物件を選びましょう。日当たりが悪いと
それだけでエネルギーが奪われてしまいます。太陽の力は
偉大です。


ふぅ。

自営業の冬の正しい暮らし方は、来る確定申告の準備でも
しながらコタツでお茶をすするってところかしらね?
(んなワケないない)

今年もう十分稼いだと思う方は、春まで休んでていいですよ(笑。

わたしは焦らず、たゆまず、低めのテンションにも抗わず、
滋養を蓄え、春に芽吹こうと思います。今年の冬はそういう
テーマで行こう(笑。
Posted by ポピン
雑録収納箱 / 00:32 / comments(18) / trackbacks(0)
二日酔い撃退フーズ
テンパらなければいけないはずが、テンパらなくても
よくなり、おかげさまでブルーマンデーをのんびり過ごして
おります(笑。

ところで…、今日は二日酔いです。

最近、大して飲んでいないのに二日酔いになることが
多くて困ります。飲んでいるときは妙にハイテンションだった
ため、ちゃんと家に辿りつけたか電話をくださった先輩行政書士も
いらしたくらいで(^^;

二日酔いのとき、食べたいもの、飲みたいものがかなり
限定されます。20代初期、二日酔いの朝には赤味噌の
お味噌汁が飲みたくなるということに気がつきました(笑。
はい、お味噌汁、よく飲んでました。

ついで、むしょうにグレープフルーツ100%ジュースが
飲みたくなる自分にも気がつきました。これは、実はとても
理にかなっているそうです。どういう仕組みかはウロ覚えなので、
興味のある方はご自分でお調べください。
ええ、一日に1ℓのグレープフルーツを飲むこともあります(笑。

牛肉にはパワーがあるからと、迎え酒+焼き肉で二日酔い
撃退をする方もいらっしゃいました。はい、おつきあいしたこと
あります。確かに牛肉には撃退パワーがありそうです(笑。

それから、パンチのある辛いものもわたしには相性がよいです。
辛いといっても赤唐辛子系です。よく行く四川ラーメンの店、
お昼に行ってきました(笑。気分爽快。

ちなみに、意外と相性がよくないのがミネラルウォーター。
なんだか余計にムカムカしてきます。つまりは、胃の中を
薄めてはいけないようです、たぶん。


さらにちなみに、酔いレベルは次のように分けられまして、

〜峅期(気分爽快、陽気、皮膚が赤くなる)
△曚躾譴そ藉(体温上昇、脈・呼吸が速くなる、多弁・多動、
   動作に円滑さが欠ける)
ほろ酔い極期(気が大きくなる、怒りっぽくなる、身振りが
   大げさになる)
ゎ侮調(呼吸が速くなる、千鳥足になる、吐き気、嘔吐)
ヅタ豐(まともに立てない、意識がはっきりしない、顔面蒼白)
昏睡期(揺り動かしても起きない、呼吸はゆっくり深い、
   死にいたることもある)

△鉢の間が「切り上げどき」だそうです(笑。

昨日のわたしは多弁だったけれども、身振りは大げさでは
なかったので(笑、模範的だったと思います。いや、二次会の
お誘いを断るのに15分ほど要したから(気が大きくなって)、
もしかしたらだったのかしらん。


さて、今夜みなさまはどのレベルで切り上げる?(笑。


〜今夜も飲むであろう、あの方に捧ぐ〜
Posted by ポピン
雑録収納箱 / 17:23 / comments(14) / trackbacks(0)
勝手にコラボ 「こそだて」
yukiさんちの記事にいたく同感したので、
勝手にコラボ記事を書く(笑。
yukiさんへのオマージュですかぴかぴか


ムスメ6歳。見ていて面白いです。
手こずることももちろんあるけど、人が人として成長して
いく過程をそばで見ていられること、そこに関与できること、
すべてが興味深く、面白いです。


わたしは子どもが好きではありませんでした。
結婚制度にもかなり懐疑的だったので、結婚する自分の
姿を想像できませんでした。

子どものことは嫌いというよりも、苦手だったのだろうと
思います。距離感をどう保てばいい生き物なのか
分からなかったのだと思う。

自分が子どもだったとも言えるけど(笑。
(今でもじゅうぶん大きな子どもなんだけど)

パートナーがいて、友人に囲まれて(飲んだくれて〜♪)、
子どもは作らず、好きな車に乗り、深夜に青山ブックセンター
に暇つぶしに行くような生活。

そんな暮らしをするもんだと自分では思っていました。

それが、今では×1シングルマザーだもの(笑。


母親との確執がココロの中で処理できていなくて、
自分と同じような子どもを作る気にならない、という友人も
います。

それはそれで、その人の出した答えなのだけど、自分が
子を持つことで、自分と親との関係を見つめなおす
いい機会にもなるのにな、と思ったりもします。


自分がPTAの役員になったり、『子ども110番の家』に
なろうかなとか田舎暮らししたいなとか考えたりするなんて、
昔の自分には想像もつかなかったなぁ。

自分が子どもを持ったことで、全世界の子どものことが
気になるようになった。みんなが健やかに幸せに育ってくれる
ことを心から願うようになった。オトナの責任ってなんだろう
と考えるようになった。エロマンガ(等)への憤りが以前に増して
激しくなった。

人はこうも変わるのだ(笑。

変わったねと言われたくないから結婚しない・子ども作らない、
という人もいるみたいだけど。


子どもの存在はすごい。自分でも気づけなかったこと、
処理できなかったことを子どもから教えられた部分が大きい。
知らなかった新しい自分を発見したような感じ。

子どもにありがとうと言いたい瞬間がたくさんあります(^^)
Posted by ポピン
雑録収納箱 / 14:28 / comments(36) / trackbacks(1)