Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
my Copen
Selected Entries
Categories
Archives
Recommend
モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない
モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない (JUGEMレビュー »)
マリー=フランス イルゴイエンヌ, Marie‐France Hirigoyen, 高野 優

Recent Comments
NO FUR
『あなたが買わなければ毛皮をはがされずに済みます』 Fur-Free.com
それでもリアルファー?
Recent Trackback
Bookmark
Profile
Lifeboat
Search This Site
Others

ポピンさんの夜間飛行

Every cloud has a silver lining.
今日もススム。
<< 競馬トラウマ | main | おおきな おおきな おいも >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
母子カプセルの話
最近、身近なところでよく聞く話がある。

それは、母と娘との密着しすぎた関係について。

娘が自立しようと、人の親になろうとも、依然として母の
力が強く、娘を非力な存在とみなしてコントロールしようと
してしまうような関係。

それでノイローゼ気味になってしまった娘の話。
育児放棄気味になっている娘の話。
一人暮らしの母が不憫なので同居をしてみたが、
結局は耐え切れず別居に踏み切った話。

その娘本人から聞くこともあるし、その夫から聞くこともある。


身近でこれだけ多いということは、世の中にけっこうな確率で
見られる現象なのかなと想像せずにはいられない。



医学博士で、家族機能研究所代表の斎藤学(さとる)さんは
こういう関係を『母子カプセル』と呼んでいる。

もちろん、母と息子というパターンもあるでしょう。

この母子カプセル、ある時期までは大切な機能を果たす。
子どもの「なんといっても母親が一番」という時期と
ほぼ一致していると思われます。


こうして母親との蜜月を過ごしてきた子どもが、ある日、
母の肩越しに「父親」の存在を発見する。そして、母親とペアを
組んでいたのは実は自分ではなく、父親であったことを知る。

そんな風に斎藤さんは表現しています。
あるイミ、子どもにとってはハートブレイクな出来事ですよね。

この、突然子どもの前に登場した(前から存在しているんだけど)
「父親」こそが、母子カプセルの殻を破る役目を担っているのだ
といいます。(親がひとりしかいない場合は、両方の役目を果たす)

なんらかの理由でそれがうまくいかないと、母子カプセルは
破られる機会を失い、存在し続けてしまう可能性がある。



そういうことなんだなあ…。妙に納得する今日この頃。

破られなかった母子カプセルに苦しんでいる女性はたくさんいる
ようです。ごくフツウにいるということを最近実感しています。

年齢や自立の度合いに関係なく、いるようです。
年老いてもなお苦しんでいる人がいることを知って愕然とする
こともあります。

母子カプセルに翻弄されたまま、とうの母親が亡くなってしまい、
解決の糸口を見つけられなくなってしまった人もいるんですよね…。



わたしには夫がいないので、そのときがきたら、自分で作った
カプセルを自分で破るように仕向けなければならないわけだ。
うまくできるか分からないけど、考えるとワクワクする。

いつか破らなければいけない期間限定カプセルだからこそ、
今はそれがいとおしい。
Posted by ポピン
ココロ / 15:04 / comments(14) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 15:04 / - / -
COMMENT
見てると多いですね。母子カプセル予備軍。母親見てて思います。「この人大丈夫かしら?」って
| tetty | 2006/10/06 7:04 PM |
>tettyさん
必要な母子カプセルではなくて、不必要レベルの母子カプセル、
たしかに目撃すること多し、かも。。。
でもそれって、夫婦間で負うべきものを子どもに託して
しまっていることも原因としてあるだろうと推測してしまい、
根深さを感じる今日この頃です。
| ポピン | 2006/10/07 12:47 AM |
私の近くにもいます。
カプセルといっても、硬いものだけでなく、変幻自在に纏わり付くような柔らかいものもあるようですね。
30数年母親とのカプセルに苛まされてきた「その人」は、お子さんと自分自身のために、最近大きな一歩を踏み出し、そしてさらに大きな一歩を踏み出そうとしているので、「陰ながら」応援中です!
| れれれ? | 2006/10/07 11:55 AM |
なるほど・・・。
私も母親べったりの娘だったりします。
でもうちの場合は父が一番、子供よりも父、な母だからそれが子供の頃から分かっていたから、大丈夫なのかな?
息子との母子カプセルを私も破らなければならないときが来るのですね・・・。
頑張らねば!!
| にゃりんた | 2006/10/07 4:25 PM |
>れれれ?さん
そうですか(^^)
いろいろな方面からいろいろな事例を聞くたびに
一歩を踏み出すこと、その前提として「気づき」を得ること、
の難しさを実感します。
応援してくださる方がいるのは、それだけでも
恵まれているのだと思います。
カウンセリングでも気になるテーマです。。。
| ポピン | 2006/10/07 11:01 PM |
>にゃりんたさん
あれれ?さっきからコメントを書いているのに
消えちゃうのはなぜ〜?(泣。
| ポピン | 2006/10/07 11:23 PM |
>続・にゃりんたさん
うえ〜ん(><)
長文を打つとなぜかコメントがUPされません!(泣。
| ポピン | 2006/10/07 11:26 PM |
でも、その密着の時期に必要なものを蓄えるんでしょうね。こどもは。
私にそれができているかというと甚だ疑問です。
平日も時間がないと言い
休日もなんだかんだと出歩いて
おばあちゃん子を養成しています。

殻を破る前に殻ができていません。
これでいいのか?私。
| こあき | 2006/10/07 11:47 PM |
なぜだーっ?コメントが送信できな〜い!(泣。
| ポピン | 2006/10/09 12:43 AM |
一行しかUPできな〜い!(><)
| ポピン | 2006/10/09 12:44 AM |
久しぶり!

> 母子カプセルに翻弄されたまま、とうの母親が亡くなってしまい、
> 解決の糸口を見つけられなくなってしまった人

かわいそう。私の父がそうだったな
| 珠子 | 2006/10/09 12:48 PM |
>こあきさん
おばあちゃんカプセルでもいいのかもしれないですね。母がガマンできれば…(^^;
というか、出歩いても、やっぱり母子カプセルはできてるよ、きっとー。
| ポピン | 2006/10/09 1:19 PM |
>にゃりんたさんに
長文を送りたいのに、マジで送れません(泣。なぜなぜ!?
| ポピン | 2006/10/09 1:23 PM |
>珠子
久しぶり!!!
そうか、そうなのね。よくあること、なのかもしれない。
でも、本人は辛いよね。。。
| ポピン | 2006/10/09 1:24 PM |









Trackback URL
http://ms-popin.jugem.jp/trackback/114
TRACKBACK