Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
my Copen
Selected Entries
Categories
Archives
Recommend
モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない
モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない (JUGEMレビュー »)
マリー=フランス イルゴイエンヌ, Marie‐France Hirigoyen, 高野 優

Recent Comments
NO FUR
『あなたが買わなければ毛皮をはがされずに済みます』 Fur-Free.com
それでもリアルファー?
Recent Trackback
Bookmark
Profile
Lifeboat
Search This Site
Others

ポピンさんの夜間飛行

Every cloud has a silver lining.
今日もススム。
<< 駐車違反は犯罪か? | main | ちょっと寂しい午後に >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
駐車違反は犯罪か?
さて、ところで、「反則金」ってなんでしょう?
軽微な交通違反には反則金制度(正しくは交通反則通告制度)の適用があります。これを「罰金」と言っている人も多いのですが、罰金と反則金はまったく違うものです。刑罰として科されるのが罰金です。

 ▼刑罰…国家が何らかの犯罪を犯した者に科する制裁

では、反則金で済む軽微な交通違反は犯罪ではない?

いいえ、犯罪です。たとえば、犯罪を犯している意識をもって駐車違反をしている人はほとんどいないと思われますが、駐車違反も道路交通法(行政刑法のひとつ)違反の犯罪なのです。反則金を納付すれば、前科もつかず、社会的な不利益を被ることも少ないため、犯罪だとは認識しづらいのですね。

 ▼行政刑法…行政法規における義務の履行を確保するため、
    その義務違反に対して刑罰という制裁を科するもの

反則金は免罪符のようなものです。
犯罪なので、本来は刑事手続きによって裁きを受けるべきことなのですが、それでは日本全国犯罪者だらけになりかねませんし、司法機関も膨大な処理でパンクしてしまいますね。そこで、道路交通法は、同法違反行為のうち、比較的軽微で、定型的な事件処理になじむ行為(ひとつひとつの案件を審議しなくてもいいであろうもの)を「反則行為」として同法別表に定めていて、この反則行為をした者を「反則者」と呼んでいます。

この交通反則通告制度は、1968年に施行されました。これが国会で審議されたときは異論もたくさんあったようですが。

反則金の納付は任意です。納付した者(=容疑を認めて反省しているであろう者)は、検察官によって公訴を提起(起訴)されることがなくなります(少年の場合は、家庭裁判所の審判に付されることがなくなる)。
はしょって言えば、反則金を納付すれば裁判に移行することがなくなるということです。
  
 ▼公訴…公益を目的とした訴え。
      検察官による国家刑罰権の発動を求める訴え。
 ▼私訴…私人が自己の権利を主張しておこす訴え。
   (出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

つまり、本来の刑事手続きには乗せない簡略化した手続きによって事件を処理するというのがこの制度の趣旨です。
ただし、刑事手続きには乗せられなくても、行政手続きには乗せられます。みなさんがよくご存知の行政処分(点数制による免許停止や免許取消の処分等)がそれですね。

刑罰を与える権利は国家に独占されているので、その刑罰権の行使の濫用を抑制して国民の行動の自由を確保するために、日本国憲法はさまざまな原則をおいています。これは、刑罰権の濫用によって人身の自由が過酷に制限されていた歴史の反省に立ったものです。

たとえば…
  ▼何人も、法律の定める手続きによらなければ、その生命
  もしくは自由を奪われ、またはその他の刑罰を科せられない
  (憲法31条 法定手続きの保障)

この条文からも分かるとおり、軽微な交通違反といえども、本来の刑事手続きによらずして罰金(刑罰の一種)を科すことはできません。

さて、ここまでで、反則金制度の目的、反則金と罰金との違いがだいぶ見えてきましたか?

しかしながら、犯罪は犯罪。反則金を納付しない場合は、本来の手続きである刑事手続きに移行します。このことをみなさんはどうお考えになるでしょうか?
なんらかの不服等があり、言い分を聞いてもらって第三者の判断を仰ぎたいと思った場合には、そもそも刑事手続きに移行しないと意見を陳述する機会は与えてもらえません。反則金を納付するということは、この件に関しては異議がない、と示すことでもありますからね。

取締りの現場で騒げばニュースにはなるかもしれません。しかし、いくらまっとうな主張をもっていたとしても、刑事手続きを経ないのであれば、国がその制度や運用を見直すことにつながる可能性はとても低いでしょう。法治国家ですからね。


…と、長くなってきたので、今回はこれでおしまい。次回に続く。
まだ続くの!?そう、まだ続くのです。一番疑問に思っているところに到達してないのでね(^^;

▼,慳瓩  
Posted by ポピン
世の中 / 14:20 / comments(4) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 14:20 / - / -
COMMENT
ふ〜む。
続き待ってます。
| ちゃん2 | 2006/06/10 10:02 PM |
とてもわかりやすいです^^
早く続きを…。わくわく♪
| SSK | 2006/06/11 2:14 AM |
■ちゃん2さん
わ〜。読んでくださってありがとう(^^)
そう言ってくださると嬉しいです。続き、書くぞ〜♪
やる気120%のときでないと書けない内容なので(笑、
次はいつだ!?  
 
| ポピン | 2006/06/11 12:48 PM |
■SSKさん
えへへ!^^嬉しいな〜(^^)(^^)
不適当なところがあったらツッコミ入れてくださいネ〜!
ゆっくりマジメにしたためておこうと思います。
| ポピン | 2006/06/11 12:50 PM |









Trackback URL
http://ms-popin.jugem.jp/trackback/13
TRACKBACK