Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
my Copen
Selected Entries
Categories
Archives
Recommend
モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない
モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない (JUGEMレビュー »)
マリー=フランス イルゴイエンヌ, Marie‐France Hirigoyen, 高野 優

Recent Comments
NO FUR
『あなたが買わなければ毛皮をはがされずに済みます』 Fur-Free.com
それでもリアルファー?
Recent Trackback
Bookmark
Profile
Lifeboat
Search This Site
Others

ポピンさんの夜間飛行

Every cloud has a silver lining.
今日もススム。
<< 受理された〜(^-^) | main | 朝デニ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
今でも愛してる
某ブログにバイクネタのコメントを書いたら、
なつかしい思い出がよみがえってきて、書かずにはいられなくなっちゃった。

ヤマハSR love
YAMAHA SR400 (↑このカタログ、なつかしい!) 
わたしが26,7のときに乗っていたバイク。
両親に大反対されながらも、「わたし、もうオトナだから!」と
豪語して、親の心配をよそに、一緒に蜜月を過ごしたバイク。

単気筒独特のドッドッドッドッドッ!と低く響くシンプルな鼓動が
たまらなく好きで選んだの。高性能ではないし、高回転まで回すと
手のひらからビリビリと細かい振動が伝わってきて、耳の中まで痒く
なってきちゃうようなエンジンだったけど、とにかくシンプルで美しくて、
ただ一緒にいるだけで喜びを感じさせてくれるバイクだったの。

なんといっても、デビューした1978年から、マイナーチェンジのみで、
姿はほとんど変わっていない。クラフトマンシップを感じる名車。
細部のパーツがホントに綺麗だった。

セルはついてなくて、キックでのスタート。
どういうことかというと、キーを回してエンジン点火するのではなく、
右側についているキックペダルに右足をかけ、全体重をかけて(わたしの
場合ね)下に踏み込むことでエンジン始動させるの。

このキックスタートが大変なんだ(^^;自分でもよく買ったと思う。
実際、センタースタンドを立ててないと、思いっきりキックできなかったし。
でも、どうしてもSRだったんだなぁ。SRに乗りたくて中免とったんだもん。

納車してすぐに日光ツーリングへ行ったんだっけな。
帰りの渋滞では、重いクラッチレバーを握る左手の握力が限界に達して、
つりそうになったっけ(^^; あれには泣けたなぁ。

何十年も変わらないスタイルだから、往年のファンもたくさんいる。
わたしが小さい頃に若者だった人たちが、目を輝かせながらわたしの
SRにいとおしげに触れ、SRにまつわる思い出話を聞かせてくれた。
世代がずっと上の人たちも、SRの変わらぬ姿にノックアウトされちゃうの(^^)
みんな少年の顔になる。

ある夜、国道で信号待ちをしていたときに、隣りの車線に並んだ原チャリ
のおじさんが「おねえちゃん、これ乗れるの!?キックしかないだろ?」
と話しかけてきて、賞賛の眼差しをビシバシと送ってくれたこともある(笑。

ガソリンスタンドでもしかり(笑。

名車だー

そんなSRをなんで手放すことになったかというと、事故です、事故。
通勤途中、直進していたときに、左から突然でてきた乗用車をよけきれず、
対向車線まではね飛ばされて、左足のスネを開放骨折。
おかげで、当時勤めていた会社の社員旅行(ラスベガスー!)に行けなく
なっちゃった。

病院に駆けつけた母は、ショックのあまり言葉が出なくて、
「だいじょうぶだよーん」とわたしが笑ってみせても、表情をこわばらせた
ままだった。
退院後も、わたしの足の傷痕を見るたびに父は泣き出しそうになるし、
足の中には金属のプレートが入れられてサイボーグになっちゃったしで(笑、
とてもじゃないけど、「足折ったけどまた乗りたい」だなんて言える雰囲気
じゃなかった(^^;

こんな風に、心配ばっかりかけているムスメなんだな、わたしは。

親愛なる当時の上司の方々にはアタマが上がりません。
長期で会社を休むことになってしまったのに、ショットバーには行けない
だろうからと病室にジャズのCDを差し入れしてくれた社長、入院中の
わたしに代わって保険屋との交渉ごとまでこなしてくれた頼れる上司N氏。
おふたりとも、「それでもまだ乗りたいの?バッカだねえ〜」と、今でも
笑ってくださる(笑。


以来バイクには乗ってない。
今はこどもがいるから、ますます乗れなくなっちゃった。
今度は開放骨折じゃ済まないかも、って思うから乗れない。

その後、ノスタルジーブームが本格的に到来して、わたしよりずっと
若いたくさんのコたちがSRに乗り始めた。SRの音は覚えているから、
街中でも敏感に反応してしまう。懐かしい鼓動音を聞くと、
いてもたってもいられないほど興奮して、胸がきゅんきゅんする(笑。

で、SRは若造が乗るものじゃないぞ!バイクは、責任がとれるように
なったオトナが乗るものなんだぞ!なーんて、若者の背中に向かって
つぶやくのです。でもこれは、自分が乗り続けられなかったから
悔しくて言ってるの(笑。世代ごとにSR乗りがいる。昔とまったく
変わらない姿のままで世代を超越して乗り継がれているバイクなんて、
そうそうない。

あ〜。死ぬ前にもう一度SRに乗りたい。あの鼓動をカラダに感じたい。
それがムリなら、飾っておくだけでもいいから、そばに置きたい。
わたしはね、コレ!って惚れこんだら最後、ベタ惚れで、全くしつこいよ(笑。

足の傷はだいぶ薄くなったけど、一生残るだろうな。でも、この傷を
わたしは愛してるんだ。「バイク乗りの勲章」とか「SRとの愛の記憶」
ぐらいに思ってるんだ。やっぱりバカかもしれない(笑。

2シーターのオープンカー、コペンを買った動機には、バイクに似た
感動を味わえるっていうのもあったんだ。そう。風になれるってこと♪


最後に、おまけといってはナンだけど、
GBクラブマン
HONDA GBクラブマン
SRの前に中古で買って乗ってたの。これも単気筒ね(^^)
ん〜、これも美しいバイクだった。
これはね、あっという間に盗難にあってサヨナラだったの。
Posted by ポピン
コペン/ドライブ / 22:51 / comments(22) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 22:51 / - / -
COMMENT
へ〜、やっぱりポピンさんは、男勝りだったんだね。
かっこいいよ♪いや、バイクがね(^。^;)
私、ジュリー(沢田研二)似のイケメンの彼のバイクの後ろに乗るのが幸せだったあのころ・・・・
遠いまなざし・・・・・胸キュン☆
| mamiyan | 2006/06/15 12:50 AM |
↑ん?何気に過去カミングアウトしてる人がいるし(笑
400に乗ってたって、凄いわ〜!
あれは倒れたバイクを起こすだけでも大変なのに・・・
おまけに開放骨折って、もう、
「あなたをそんな娘に育てた覚えはありません!」
って、言ってる私は誰なんだ?(笑
うちのダンナさんも、バイク好きでね、音で結構判別できるみたい。
では、ヴォ〜ン、ヴォ〜ンヴォ〜ン・・・・
kawasakiゼファーに乗って帰ろう〜〜っとvv
Honda スーパー株・yuki
| yuki | 2006/06/15 1:19 AM |
すばらしいです^^
。。。ポピンさんって^^
今彼氏とブログ読んでました。
近日中に報告致しますw
こちらにはいつ来られますか?
絶対連絡してね
| amipon | 2006/06/15 2:03 AM |
私もバイクに乗りたくて普通免許(その頃までは普通免許を取ると自動二輪が付いてきました)を取る為に元旦那の車で無免許で練習していましたが首都高速に乗り羽田空港まで行きその頃の赤軍派の一斉取締りに遭い捕まりました、そのあと直ぐ結婚してしまったので免許を取らずじまいです、バイクに乗っていたなんて羨ましいいまだに60歳ちかくなってもバイクに乗りたいですね。
| ざくばあ | 2006/06/15 1:48 PM |
>mamiyanさん
男勝りか〜。それにかわる言葉ってないのかなぁ(笑。
mamiyanさんに宿題!男と比べないカッコイイ言葉を探すのじゃ!(笑。
ジュリーに胸キュン♪mamiyanさん、ナイスカミングアウト。
わたしがSR買う!って言ったらね、当時のカレシのブラッド・ピットが
「ぬあに〜!?そんじゃあオレはアメリカン買う!」って言ったのよ〜(笑。
SRのアンジェリーナ・ジョリーとアメリカンバイクのブラッド・ピット
ってわけ。どう?mamiyanさんシビれた?   

           
         こんなおバカは無視していいからネ〜(^^;
| ポピン | 2006/06/15 7:28 PM |
>yuki@すーぱー株主
教習所の400は重かったよ〜。鬼教官に鍛えられたよ〜(泣。
ふうん、ダンナさまはゼファー乗りなの?
いいなあ、バイクのある暮らし。わたしなんか、原チャリでさえ
家族の者から禁止されちゃってますから!
ま、コペンがあるから、いいんですけど。
こどもが成人したらまた乗ろうと密かに思っているんだけど…
その頃には自転車にも乗れないカラダになってるかもしれんしな〜 ?
| ポピン | 2006/06/15 7:35 PM |
>amiponさん
わ〜。彼氏と一緒に?うんうん。
報告、お待ちしていますネ♪
そちらには、8月に行く予定です。
詳細決まり次第れんらくしま〜す(^^)
| ポピン | 2006/06/15 7:37 PM |
>ざぐばあさん
きゃーホントですか?いろんなイミでスケールの大きな話ですね(笑。
そのあたりの時代背景をいろいろ話してくださる方がわたしの周りにも何人かいらっしゃいます。とても興味深いです。
わたしが中免をとったとき、父は皮肉まじりに「スゴイね〜」と
言ってましたが、でも自分も実は乗れるんだもんねー!と免許を
見せてくれましたヨ。車の運転も危うい父がバイクに乗る資格を
持っているとは…(笑。
昨日はアメリカンバイクに二人乗りしているカワイイ若い女の子2人を
見まして、かわいくてさわやかで胸キュンしちゃったのです(^^)
えっと、「元旦那」さま…ということは。
| ポピン | 2006/06/15 7:52 PM |
そうだったの〜
SRって、NENちゃん乗ってた〜
私も24のとき中免とって、すぐこどもができちゃって
産んでからさあ乗ろう!としたら
バイク乗りの友人が
「ともだちがバイクで×××」とか聞くけど
「ママがバイクで……」って聞かない。
と諭されてふむふむ…
昨日ふと運転のイメージしたとこだった〜
奇遇☆また乗りたくなるオトシゴロかな♪
| 珠子 | 2006/06/15 9:37 PM |
こんにちは。
set-missさんのブログでお世話になりましたhakanaです。

いつも覗かせて貰ってます。
ポピンさんも素敵だなあ〜って。
私もこんなお母さんになりたい!って羨望のまなざしで、
読ませて頂いてます。

で、今日思い切ってコメントさせて貰おうって思ったのは、
実は、SRを作ったのは私の叔父なの!
超マニアの方たちにSRの父と言って頂いてるそうです。
今もYAMAHAに勤めていて、もう15年程オランダに駐在して
ます。
叔父に伝えます。きっと喜ぶはずです。うふふ。

また書き込みさせて下さいね。


| hakana | 2006/06/15 10:12 PM |
>hakanaさんっ!
ありがとうありがとうありがとう。そんなこと言っていただけて
とってもうれしいです(^^)

嗚呼!そんなことより(なんて失礼な物言い^^;堪忍してください)
SRを作ったのがhakanaさんの叔父様なんですか!!!
ああ、文字にするのがもどかしいです。大興奮ですよー(^^)
ぜひぜひお伝えください!SRは、わたしの人生の宝物です、と。
わたしが愛するバイクは、今までも、そしてこれからも、SRだけです、と!!!
きゃー♪ブログってすごい出会いを用意してくれるものですね。

hakanaさん、コメントくださってホントにありがとうございます♪
うれしー(^^)
| ポピン | 2006/06/15 10:21 PM |
>おっと、すまぬ、珠子、
順番まちがえた(笑。
そうだったの〜。中免とってたのか〜(^^)
会ってない間にお互いナニしてるか分かったもんじゃないね(笑。

骨折ってるし、こどもいるし、ムチャしないから、乗りたいなぁ。
こんな記事書いちゃったもんだから、昨日からSRのことばっか
考えてるよ。
いいね。珠子とツーリングかあ♪♪♪

| ポピン | 2006/06/15 10:27 PM |
開放骨折!!
怖ろしい・・・。
実はワタクシも中免持ってます。
バイク乗ってました。
でももう乗れませんな。
それにしても、骨折で済んでよかったですねぇ。
まかり間違えば、ポピンさんの「今」は無かったかも知らないんだから・・。
| ちゃん2 | 2006/06/16 9:08 PM |
すごーい、奇遇ですねえ〜(hakanaさんのおじさんとSR!)^ ^

かっちぇーバイク! ポピンさんの愛が伝わってきます。。(頬染)
| set-miss | 2006/06/16 10:00 PM |
>ちゃん2さん
中免もってるんですね♪どんなバイクに乗ってらしたんでしょ?(^^)
開放骨折、おそろしいでしょ?(^^;
横から出てきた車は、そんなにスピードが出ていなかったはずなのに、
コツン!ポキ!って感じですもんねぇ。鉄のかたまりには人間のカラダなんて脆いものです。対向車線に車が来てたら…今いなかったかも…こってことは、こどももいなかったってことで…。
| ポピン | 2006/06/17 9:33 AM |
>set-missさん
この広いWEB上で"set-miss"というキーワードに惹かれたからこその奇遇な出会いですなぁ(笑。
愛、伝わった? 伝えたい相手が機械じゃあどうしようもないねー(笑。タンクにホッペすりすりしたいわ〜。でも、hakanaさんの叔父様にこの愛が伝わるならそれでいいわ(^^) 
| ポピン | 2006/06/17 9:39 AM |
こんにちわ!
さっそく、叔父(の嫁に)に全部をコピーして送りました。
そーしたら、叔父にベタ惚れ30年以上の叔母は大層喜んでましたよ。
うふふ。

以前、ファンクラブの方がされるイベントに呼んで頂いた時に、
サインを求められたりして、いやいや私なんてとんでもない・・と
言いながら、ポケットからペンを出してる自分が恐ろしかった・・と
笑いながら話していたそう。

ポピンさんに書いて頂いたことを目を細めながら読んでる叔父の顔が
浮かびます。

叔父も開放骨折してますよー。でも乗るんですよね。
そう、守らないといけない家族がいても。笑

ポピンさんの愛、しっかり伝えましたよ〜!
| hakana | 2006/06/18 11:30 AM |
はい!! 丸々25年連れ添いましてここらで1人にならないと体が持ちそうに無かったので、10年前に1人になりました。
体の外側1m位覆われてる感覚でしたが素の自分に戻れた気がしました、嬉しかったですよ。
| ざくばあ | 2006/06/18 1:11 PM |
>hakanaさん
きゅ〜ん!(><)
わー。伝えていただけたんですね。うれしいです♪(照
ファンクラブがあるんですね。なんでわたしは入ってないんだろう?(泣。
あ。この胸の高鳴り(笑、分かっていただけるでしょうか?
世の中のいくつかのものがわたしを興奮させるけど、そのなかに
SRとドーベルマン(本日の記事で明らかに^^)が入っています。

そんな叔父様に30年もベタ惚れの叔母様…うらやましぃ!(^^)
開放骨折。やっぱり勲章です(笑。

いつかまた乗れますように!
ありがとう、hakanaさん♪♪♪
ヒーロー叔父様とその一番のファンである叔母様によろしくお伝えください。
| ポピン | 2006/06/18 5:49 PM |
>ざぐばあさん
体の外側が覆われてる感覚…わかりますわかります(笑。
しかし、体の外側1mもですか!
わたしは30cmくらいの経験はありますが(笑。
う〜ん。それはそれは辛い日々だったのでしょうね。
でもよかったです。身近な大切な人の前ではそのまんまの自分で
いたいですものね。そうしていられる関係って、尊いですね。
オトナになって、ますますその思いは強くなっています(^^)
| ポピン | 2006/06/18 5:56 PM |
ボビンさん 初めまして
「コペンとバイク」で検索してましてこのブログを見つけました。同じことを考えている方に出会えたことを嬉しく思います。

2010年7月29日〜8月7日の10日間 日本縦断ツーリングを計画し長崎から北海道まで高速道路を自走して旅に出ました。10日目の最終日後5時間で自宅に到着だったのですが、広島を過ぎた高速道路トンネルの中で、後ろから脇見運転の乗用車に高速で追突され、バイクは木っ端みじん、私は背中で数十メートル滑り、複数の奇跡が重なり、後続車にひかれることもなく頭や体に異常なく、打撲だけですみました。家族や母親親族なども高速警察隊からの電話で死んだと思ったらしく、入院することもなく、その日のうちに女房が迎えにきて、自宅に帰宅。親族や母親が心配し泣いておりました。ということで 家族や母親に泣いてお願いされ、バイク断念することになり、車にすることになりました。そこで、バイクライクな車を探していましたら「コペン」であればバイクに近いのでは、風を感じられるのではと思った矢先、あなたのブログにヒットしたわけです。 あなたの事故でバイクを離れたkと、そしてバイクを愛していたことがひしひしと伝わり、共感しました。同じです。
しかし 父を亡くし後を継ぐ私しかいない母親の涙には反論できず、車を探すことになりました。
あなたのブログをみてますますコペンにしようかと思ってきました。ありがとうございました。
私も未だに生きていることが奇跡と思っております。あなたも母親業と言うことで大変だと思いますが頑張ってください。またいつの日かお互いバイクに乗れる日が来るといいですね。
| hallab | 2010/08/24 3:09 AM |

さみしいとき
あるよね
http://89ygisi.t.monju.me/89ygisi/
| みっくみく | 2011/08/27 10:55 AM |









Trackback URL
http://ms-popin.jugem.jp/trackback/19
TRACKBACK