Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>
my Copen
Selected Entries
Categories
Archives
Recommend
モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない
モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない (JUGEMレビュー »)
マリー=フランス イルゴイエンヌ, Marie‐France Hirigoyen, 高野 優

Recent Comments
NO FUR
『あなたが買わなければ毛皮をはがされずに済みます』 Fur-Free.com
それでもリアルファー?
Recent Trackback
Bookmark
Profile
Lifeboat
Search This Site
Others

ポピンさんの夜間飛行

Every cloud has a silver lining.
今日もススム。
<< きぃぃぃぃぃぃ! | main | 青唐辛子の醤油漬け >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
自家感作性皮膚炎 「治療生活」の巻
ここ数ヶ月、書いたものをアップしないことが多い。

というわけで、前に書いていたものをアップします。
例の、自家感作性皮膚炎の続編です。
(つくづくわたしって連載ものには向いてないと思う。笑)

前回の記事はコチラ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

さてと、本格的に自家感作性皮膚炎を発症したわたし。
全身に小さな発疹ができて、そのひとつひとつが猛烈に主張して
イチイチかゆい。最盛期には、足の指先から頭のてっぺんまで
くまなく発疹が出ていました(><)

あまりのかゆさに眠れない日々が続きました。なんとか仕事には
行くのですが、強靭に耐えて耐えてようやく仕事をしている感じ。

思い余って、勤務時間を減らしてもらえないかどうか、ダメなら
正社員からパートに変えてもらえないかどうか、上司に相談した。
しかし、「ボクもそういうのあるよ。かゆみは気力で吹き飛ばすもの
だよ!」と笑われてしまい、涙がこぼれそうになった。


かゆみや痛みの度合いは計れないが、自家感作性皮膚炎のかゆみは
「我慢の限界を超えたかゆみ」だと表現している専門家もいるくらい。
しかもそれが何年も続くかもしれないとなったら、絶望以外の何物でも
ない。

人はかゆみで精神に異常をきたすことがあるのかもしれない
と思ったほどだ。


残業が当たり前だった忙しい職場。夜9時を過ぎてカラダが温まって
くるとかゆみは最高潮に達し、

唐突に仕事を放り投げて帰る!

この時期は、とにかく1分1秒かゆみから意識を放すことができず、
誇張ではなく、ただひたすらかゆみに耐えるだけの日々でした。
仕事をやめて治療に専念することも考えました。


カラダを温めることは自殺行為なので、真冬なのにお風呂に入らず、
かなり温度の低いシャワーを軽く浴びるだけ。もちろんお酒も
恐ろしくて飲めません。そもそも落ち着いて他人と会話していられない。

毎日2度つけるステロイド軟膏。発疹ひとつひとつにポチポチ塗っていく。
背中は鏡を見ながらポチポチ。カラダが柔らかくてよかった(^^;
全身に塗って着替えるまでに1時間近くかかることはざらだった。
とにかくかゆみで朦朧としているので、着替えることすら重労働なわけです。


家では、暖房をつけていない冷えた部屋にほとんど引きこもり。

夜は部屋の窓を薄く開けたまま、寒風で部屋をこれでもかと
冷やして、裸で綿シーツにくるまって床で寝ていました!(寒っ)


布団にサンドイッチされて寝るなんて、とてもじゃないけどムリ。
家族団欒の居間は暖房でぬくぬくしていて、10分と居られない。

気を紛らわすために雑誌をパラパラめくることすらできない。
アタマのなかが「痒痒痒…」の文字で埋め尽くされておりました。



処方されるステロイドは、軟膏も飲み薬もどんどん強いものになって
いきました。「どうしてもダメなとき」のために睡眠薬成分の入った
錠剤ももらっていました。

その最終兵器すらあまり効かず、裸でシーツにくるまって、かゆみが
静まることだけを待ちながら、タタミの上で呻って過ごす夜。。。
開けた窓から入ってくる寒風にカラダがキンキンに冷える。でも、
それが気持ちいい。でも、ホントはお布団でぬくぬくしたい!(泣。

「あ、朝だ…」

白々と明け始めた空を見る頃にようやくかゆみが治まってくる。
今日も戦いは終わった。一日で最も穏やかな時間帯。幸せな気持ちで
眠りにつくのでした。



…と、こんな日々でした。もうこんな生活、絶対にイヤだわ。

▼まだ続く
Posted by ポピン
アレルギー / 14:43 / comments(13) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 14:43 / - / -
COMMENT
そこまでならステロイドの注射でしょう?普通。。
| tetty | 2006/09/22 8:44 PM |
>tettyさん
え〜っ?そうなんですか!?
注射は、自家感作性皮膚炎と判明していないときに
一度打ったきりでした。
| ポピン | 2006/09/23 12:07 AM |
そ、壮絶。

アップしなかったわけがなんとなくわかったす・・・
気軽に「続きを!」と催促してごめんなちゃい。;;
| set-miss | 2006/09/23 8:58 AM |
生き地獄じゃん!!
かわいそうに・・・・
で、今は、もう大丈夫なの?
| mamiyan | 2006/09/23 1:46 PM |
ほんと・・、壮絶です。
かゆみって、その昔は拷問の1つになったとかいう話を聞いたことがあります。
まさにその状態ですね。
もう2度と発症されないこと祈ってます・・・!
| hakana | 2006/09/24 12:20 AM |
>set-missさん
いや〜、ぜんぜん気にしてないよ〜!

「自家感作性皮膚炎」で検索して来る人も
いるみたいなので、いろいろ書いておこうと
思ったりしてるのだ(^^)
| ポピン | 2006/09/24 9:45 AM |
>mamiyanさん
生き地獄… まさにそうでした!(><)

でも、今は全然だいじょうぶです(^^)
誰の過去話?っていうくらい。
| ポピン | 2006/09/24 9:48 AM |
>hakanaさん
え〜!拷問ですか!?
でも、ありうるありうる。拷問になりますね、確かに。
うわ〜、嫌だなあそれ…。

もう二度と発症したくないですねぇ。
今発症していて悩んでいる人の心中を察する気分です・・・。
ありがとうhakanaさん。
| ポピン | 2006/09/24 9:51 AM |
う。読んでるだけで痒くなりそう。。。

| KEI | 2006/09/24 11:01 PM |
>KEIさん
わたしも頭のてっぺんがムズムズしてきます(^^;
| ポピン | 2006/09/24 11:45 PM |
突然メールをして申し訳ありません。私は自家感作性湿疹になって治らなくて病院を探してる者です。色々調べて居たらあなたの所を拝見できました。どんな小さな事でもいいので教えて欲しいのです。困っています。どうかお願いです。お返事下さい。
fukamama327@yahoo.co.jまで宜しかったらお返事下さい。
よろしくお願いします。奈良県に住んで居る31歳主婦です。
| まるこ | 2007/08/30 8:49 PM |
>まるこさん
レスが遅くなってしまって本当に申し訳ありません!

まるこさんも病院を探していらっしゃるんですね。
どんなことでお困りなのでしょうか。
わたしの体験とわたしなりに学んだことはほぼ全て
ブログに書いてあります。
医者ではないので、それ以上のことにお答えするのは
難しいと思うんですが…。

って、ごめんなさい。ネット上のことなので、メールを
送ることを躊躇しています。正直なところ。
ごめんなさい。

もう少し、まるこさんのお悩みをここで教えてくだされば、
と思うのですが。支障がありそうですか?
| ポピン | 2007/09/13 11:21 AM |
まさにその検索ワードでたどり着きました。
大変貴重な体験談が読めてよかったです。
自分も2週間前にその症状になり、今はだいぶ経口ステロイドでおさまりましたが、またなったらどうしようと原因追求やら病名を調べたりしてようやく自家感作性皮膚炎という単語を見つけました。
まさに耐え難いかゆみ(カユイという漢字をみるだけでかゆくなるので平仮名で)、頭の中に常にあるのはただそのかゆみのことだけ。テレビを見ても雑誌を読んでも散歩をしても消えることの無いかゆみとかゆみに向けられた意識。
耐え難い苦痛だと表現する専門家がいることに少し安心しました。こんなにかゆいのは自分だけでそのうち死ぬんじゃないかと思ってたので。
今自分は薬のおかげでかゆみも減り、皮疹もようやく赤みが抜けてきた。お医者さんにも確認してみたいと思いますが、おそらく自分がなったのはこれ。そのことが少しわかったのでブログ公開に感謝します。
| K3 | 2009/08/17 2:43 PM |









Trackback URL
http://ms-popin.jugem.jp/trackback/65
TRACKBACK