Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
my Copen
Selected Entries
Categories
Archives
Recommend
モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない
モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない (JUGEMレビュー »)
マリー=フランス イルゴイエンヌ, Marie‐France Hirigoyen, 高野 優

Recent Comments
NO FUR
『あなたが買わなければ毛皮をはがされずに済みます』 Fur-Free.com
それでもリアルファー?
Recent Trackback
Bookmark
Profile
Lifeboat
Search This Site
Others

ポピンさんの夜間飛行

Every cloud has a silver lining.
今日もススム。
<< ひとりごと | main | 写真で見るアシアト抜粋 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
なんだかなぁ
(小難しいコトを書くパワーはないので、つらつらつらと)

少子化要因は育児世代の長時間労働…厚生労働白書

 厚生労働省は8日、2006年版厚生労働白書を公表した。白書は、少子化の要因の一つに、30代を中心とした育児世代の長時間労働を挙げ、労働者の仕事と生活の調和を実現する働き方の見直しは企業の社会的責任であると強調した。

 国民に対しても、長時間労働を生む原因となる「24時間サービス」「即日配達」など、利便性を際限なく求める姿勢を見直すよう訴えている。
 白書によると、25〜39歳で「週60時間以上」の長時間労働をしている人は、2004年には20%を超え、10年前より4ポイント前後が増えた。仕事以外の時間が足りない状況は、「少子化の一つの要因で、長期的にみて社会の活力を低下させる」と分析。労働者が仕事に偏った生活から解放され、仕事と家庭の調和がとれた状況「ワークライフバランス」の実現を求めている。
(読売新聞) - 9月8日



精神科医の斎藤学さんが言っているように、日本の教育や社会の

システムは、他人と違うことを好まず、上からの指示を待ち、それに

従えば安心できる「学童」な大人社会を作り出してきちゃったと思うし、

そういう大きな体制には小さな個人は抗えないわけだし、



もちろん教育だけが悪いのではなく、教育の場に多大なことを

押し付けている無責任なオトナたちもいけないと思うし、



日本の政府は簡単なところや弱い者から先に搾れるだけ搾り取るし、



社保庁には振り上げた拳も萎えるってもんだし、



お受験過熱はやめましょうって、小学校教育だけを変えようとして

大学や就職のあり方をそのまんまにしていたってイミがないわけだし、



利便性追求の手を緩めるっていうことは、時間にゆとりを感じないと

いけないわけで、ゆとりを楽しめるっていうのは、

安心感があってこそなわけで、


安心感には、国の政策や体制が大いに影響を及ぼすのであって、

失敗を許せる社会じゃないといけないわけで、



安心感がないから、女は本能で子どもを産まないんじゃないかと

思うし、



オトナ社会には、子どもたちに子ども期を子どもらしくいさせて

あげられるだけのゆとりと成熟がないといけないわけで、



些末な日常の小さな幸せ感がどれだけ手に入りやすいかで

その国全体のハッピー度が決まるような気がするわけで、



この国のビジョンを唱え、説明責任を果たす代表が必要なわけで、



エロマンガや電車の中吊り広告に規制がかからないのも

無責任な社会だと思うわけで、



(嗚呼、エンドレス)



この国の隅から隅まで、ずずずい〜っとみんな同時並行で地道に

進めていけたとして、ようやく次の次の世代くらいにはステキな

プレゼントをしてあげられるくらいにはなるかしら?



国のじれったい動きを見ていると、娘よ、ごめん、キミたちの世代には

全然間に合わないかもしれない、などと思って頭を垂れてしまうのでした。





とりあえず、明日のために今日も寝よ。
Posted by ポピン
世の中 / 02:16 / comments(10) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 02:16 / - / -
COMMENT
そうねえ、「ワークライフバランス」自体は私にとっては大事なことで、私は離婚したときからつねづね「ひとりワークシェアリング」と自分の状態を呼んで喜んでいたのだけど、

ポピンさんの違和感は、それをお上から命令されるってとこにあるのかな?

それとも、少子化という問題に何かとってつけたような処方箋があると思いこんでるようなところが気にかかるのかな?

私は、自殺防止法案におんなじ、「なんだかなあ」という気分を感じたのだけど・・・
| タップ | 2006/09/09 5:18 PM |
私もネットでこの記事読みましたよ。今頃こんなこと言ってるのか〜・・なんてね。
お受験戦争、今年の我が子の小学6年生、中学受験する人数が去年の2倍です。夏休みの塾の合宿やら講習やらで、数十万円払ってるのはざらです。
さらに一つ下の学年(5年生)はもっと受験に白熱的です。お受験過熱はヒートアップしてますよ。
大学進学も公立高校じゃダメだと家の近辺では言われてます。私立高校の方が熱心に対処してくれるんだそうで。やっぱりお金が無いと子供は育てにくいのはある意味事実ですよね。家は受験はしないけど、今の塾代2教科で月3万円。お受験する子は10万近く払ってます。こんなんでいいのか〜、日本よ〜〜!って、取りとめの無い話でごめんなちゃい。
| yuki | 2006/09/09 11:44 PM |
>タップさん
「ひとりワークシェアリング」ね♪
うんうん、そういうイミでは確かに嬉しい。

自殺も少子化も汚職も不祥事もニートも教育も、
ぜ〜んぶ根っこは同じでしょ、と。
根っこ治すのは、長〜い時間と、地道だけど効果的な
意識改革が必要なんだよねえ?
部分的なハナシじゃないんだよねえ?
今だよ、今やらないで、いつまで先延ばしにすんの?

って。
| ポピン | 2006/09/10 11:46 AM |
>yukiさん
いや、わたしこそ取りとめないです(笑。

わたしも中学お受験先駆者だったわけだけど(^^;
廃れたと思いきや、今はさらにさらに白熱してるみたいね〜。
去年の2倍っすかー。いやはや。

昨日やってた番組でも、もはや学歴だけではダメなので、
お受験した上に、海外研修やら、特別な活動を
したりと、お金がいくらあっても足りない様相に
なっていると知りました。
上乗せ上乗せで行くしかないのでしょうか???

でも、「格差社会」、前向きな見方はできなくなってきたなあ。
なんか、おかしなことになっているような。。。
オトナも不安なんだよね、要は。
| ポピン | 2006/09/10 11:53 AM |
「競争社会を基軸にして『他者を尊重しましょう』などと取って付けたように言うのと、他者を無条件に尊重することを基軸にして『ここでは競争してもいい」という風に位置づけるのは、似ているようで根本的に違います』

っていうコメントを、あるブログで読んで、(無断転載です、すいません)なんかこのへんにヒントがある気がしたんだよね。根っこの問題なんだね、とにかく。それはほんと。

とりあえず個人レベルとしては、できることは考えていくつもりだけど、

それにしても次期首相は安倍でしょう。政府は逆行するよーきっと。受難だなあ。

| タップ | 2006/09/10 12:48 PM |
まずはコンビニ24時間営業をやめる!っていうのはどうだろう。ヨー○ドーさんが率先するとか。話題と関係ないようで関係あるんじゃないかと。。
| tetty | 2006/09/10 10:39 PM |
>タップさん
引用(転載)コメント、そのとおりだよね〜。
言い得て妙だわ。

子どもの成長を見ていると、義務教育の始まりから
お国(大人社会)の縮図がそこにあるのだなと実感。
未来の何かを生産している大切な場所なのだな〜
と考えると、夜も眠れない(^^嘘。

嫌な事件が多いのは、社会の大損失だ。

受難な時代がすぐそこ、って感じだねえ。
なんか、本当に、すぐそこ!って気がするよ。
| ポピン | 2006/09/11 1:50 AM |
>tettyさん
24時間って、なければないで過ごせるんですよね。
開いているから、利用しちゃうわけで。。。
HONDAあたりの会社がかっこよく改革してくれないかしら?(何を?)

外国へ行くと、夜は薄暗くていいです。
最初は怖かったけど、怖くていいじゃない!夜なんだから、と思います。薄暗い方が、情緒があったりしますしね。

最近は日本でも、照度を落とした街の明かりが増えて
いるようないないような。。。
昼の太陽のような明るさはもう要らないと思うんですよね。

って、話がズレてきました。
でも、関係あるかな(笑。
| ポピン | 2006/09/11 2:27 AM |
なんかうまくいえないんですが・・・
とりあえず格差社会。
いまになって始まったことじゃないだろうに。
なんかこの四字熟語に丸め込んで肝心なところをうやむやにしている気がしてならないんですよね。

仕事柄、歴然とした格差がこの国にもあることは認識しています。
でも、それを教育の段階で煽り刷り込み(なんとか桜みたいな)というのは、なんか人を人らしく育てるという上でなんか違うんじゃね?と思います。
| こあき | 2006/09/11 11:54 PM |
>こあきさん
こあきさんはいろいろなケースを見てきたのでしょうね。

妻子や住宅ローンを抱えた働き盛りの人が、
ある日突然年収半分になる、というような例が多くて、
それは本当に身近なことで…

肝心なことをうやむやに、って、そこらじゅうで起こっていますね。

オトナの迷いや恐れを子ども教育に乗っけてしまっていいんだろうか?
昨日もPTAで、お受験させる個人的理由を話してくれた
お母さんがいました。大変有意義でした…。

とりとめなく、コメントを〆ます(笑。
| ポピン | 2006/09/13 8:16 AM |









Trackback URL
http://ms-popin.jugem.jp/trackback/86
TRACKBACK