Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
my Copen
Selected Entries
Categories
Archives
Recommend
モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない
モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない (JUGEMレビュー »)
マリー=フランス イルゴイエンヌ, Marie‐France Hirigoyen, 高野 優

Recent Comments
NO FUR
『あなたが買わなければ毛皮をはがされずに済みます』 Fur-Free.com
それでもリアルファー?
Recent Trackback
Bookmark
Profile
Lifeboat
Search This Site
Others

ポピンさんの夜間飛行

Every cloud has a silver lining.
今日もススム。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
もしや食べた?
目が点の、ダンボール入り肉まん事件。
これを作っていたのは北京市朝陽区の業者で、近所の
市場や露天で売ってたというではないか。

わたしが元夫と住んでいたのは、北京市の、朝陽区、
なのであります冷や汗

しかもわたしは、地元社会にとけこまずに暮らしがちな
日本人奥様方とは別行動で街を探索することが多く、
現地の人しか入らないような餃子屋さんに入ってみたり
(それでめちゃくちゃ美味しい水餃子屋さんを見つけた)、
日本人奥様方が敬遠する市場でもちょくちょく買い物を
していた。もちろん露天で買い食いだってした。

そんなわたしを日本人奥様方は「チャレンジャー」と呼んだ。
なにを大げさな、と思っていたけど、さすがにダンボール
肉まんの話を聞いちゃったらチャレンジャーなのかなぁ
と思ってしまうではないの。

肉まんは当たりハズレが大きいので、あまり買わなかった。
一番おいしかったのは、しばし家庭教師に来てくれていた
中国人のおばあちゃんが買ってきてくれたフェンネル
(ういきょう)の肉まんだった。

だから…ダンボールは食べていない…と思うんだ…(^^;

ん?待てよ?『当りハズレが大きい』?   (寒)


今朝、テレビで、料理研究家みたいな人を使ってダンボール
肉まんを再現してた。『ここではカセイソーダは使いません』
って、あたりまえや(笑。

っていうか、そんなもん、作らんでよろし!!!!

しかし、中国はなんでもアリだ。良くも悪くも。逞しくないと
生きていけない。北京に住んでいたときにそう実感した。

あれだけ広大な国だもの。文化も違うであろうそのあちこち
から出稼ぎに来ている人がいる。ケンタッキーもあったけど、
サービスはケンタッキーにあらず。末端の人々に、なにかが
行き渡ってないんだなと感じたものだ。

騙されないように、緊張感をもって街を闊歩するのは
楽しかった。だけど、ダンボールまでやられちゃうとはなぁ。
想像を絶するね。同じ中国人だってこれには怒り心頭だよね。

2007年7月11日、中国中央電視台(CCTV)は北京市朝陽区の屋台で、段ボールを具にした肉まんが販売されていると報道した。

CCTVの潜入取材に、販売業者は制作手順の一部始終を公開した。まず普通の使用済み段ボールをカセイソーダに浸すところから作業はスタート。みるみる段ボールは柔らかくなり、色も変わっていく。十分に変化したところで、包丁でよく叩き、挽き肉状にする。後は本物の挽き肉と混ぜ合わせ、足りない味を豚肉エキスで補えばもう完成。

これだけの作業で段ボールは原価数十倍の豚肉へと変身すると自らのアイディアを誇った。ただ問題は段ボールと豚肉の比率で、現状では6対4でまだまだ相当量の豚肉が使用する必要がある。これを減らすのが今後の課題だと話した。

CCTVの取材記者がこの肉まんは食べられるのかと聞いたところ、製造者は「食べられないだろ、オレは食べないよ」と笑って答えていた。付近の市場や街頭で毎日相当数の肉まんが売り出されていたという。CCTVの取材直後、警察官は同工場を摘発、関係者を逮捕した。

このニュースを伝えたアナウンサーはあまりにもひどいニュースに怒りを露わにし、「罰として半月の間、自分で作った肉まんを食べさせたい」と発言していた。エキスで味付けすれば違いがわからなくなるなど、日本の牛肉偽装事件との類似性もあるが、段ボールを劇薬で加工するなどその過激さは日本をはるかに越えている。(翻訳・編集/KT)


≪追記≫
↑のちにヤラセであったとの報道がなされたが…。
Posted by ポピン
世の中 / 21:13 / comments(14) / trackbacks(0)
経過報告
え〜と、みなさまお元気ですか〜?ぴかぴか

わたしはガンバっております。自分ではそう思っております。

で、2階のプライベート空間の一部屋は完璧に片付けました。グッド

片づけたのを記念して、ムスメに電子キーボードを半ば衝動買い

いたしました。モゴモゴ

来週の来客にあわせ、週末にジムショを完璧にしちゃう予定。

って、おっと、週末って明日か〜〜〜。

それではみなさま、よい金曜日を!ぴかぴかぴかぴか
Posted by ポピン
シングルママ / 14:12 / comments(8) / trackbacks(0)
空は見えるか
心身ともに絶不調に陥っていて、家じゅうがハチャメチャに
なってきました(^^; もはや、大の仲良しすら呼べません。

夜間飛行とか言っておきながら、夜間にフライト不能になって
いる今日この頃。夜型人間もこれまでか、という。。。

(↓危険。だらだら長い)
続きを読む >>
Posted by ポピン
シングルママ / 23:28 / comments(16) / trackbacks(0)
カリブの海賊
先週、豪雨のなか、『パイレーツ・オブ・カリビアン/
ワールドエンド』
を子どもと一緒に観てきました。

1の「呪われた海賊たち」、2の「デッドマンズ・チェスト」
に続く完結編なのであるが、1・2を観ていない父と母を
念のため、形式上(笑、誘ってみたところ、一緒に行く!と
のたまうではないの。

案の定、ワケのわからん二人は途中で首を垂れて眠っており
ましたが(^^;わたしと娘(7)は目を見開いてコトの顛末を
しかと見届けてきました。

続きを読む >>
Posted by ポピン
おきにいり / 00:55 / comments(4) / trackbacks(0)
宮古島のソバが食べたい
忙しかったある日の昼食。


ああ。本当は宮古島で宮古島のソバが食べたいの。


ある週末、ソーキソバを買って、実家の皆で食す。

娘はスープがおいしかったようで、スープのみを
おかわりしていました。宮古島のソバと比べてしまっては
バチが当たるでしょうが、遠い宮古を想うに十分でした。
(夢中になっていたため、出来上がりの写真は撮り忘れました)


そうそう、今回は「こーれーぐーす」も購入しました!

前半はスープそのままを堪能し、後半に「こーれーぐーす」を
数滴投入して、別の味を楽しむ。ダメだ♪こりゃたまらん♪

くっすん。あの日、宮古で、海上がりに食べたソーキソバ。
ぐーすの刺激と香りは宮古とおんなじだ。

「こーれーぐーす」とは、島とうがらしを泡盛に漬け込んだ
香辛料。昔々この存在を知ったときは、泡盛をかけて食べるなんて、
なんにでもマヨネーズをかけちゃうマヨラーや、なんにでもタバスコを
かけちゃうタバスカー(とは言わない)のようなものだと思っていた
けれど(笑、

宮古島で初めてソーキソバに振りかけて、目からウロコが落ちました。
まさに魅惑の調味料。クセになります。(アルコール分はゼロらしい)

こーれーぐーすは手に入れた。あとはスープね。
しかし、スープだけは、絶対に宮古へ行かねばダメなのだ。
ダメだと分かると、狂おしいほどに…。
Posted by ポピン
食/呑 / 01:48 / comments(10) / trackbacks(0)
「所持合法の日本、のんき」
覚書きということで、長いけれどそのまんま引用します。

文中にある事例と同じように、10代で輪姦されて、
今もなお苦しみを抱えながら、どうにもならない辛い人生を
歩んでいる、ある大人の女性をわたしは知っています。

彼女は、何度も踏み切りの前で死のうとしたことがあると
告白してくれました。そんな彼女が生き残っていくのに、
どれほどの力をふりしぼっているか、どれだけの代償を
払っているか…。それを想像できない人たちには、法整備に
関わってほしくないものです。

以下、引用。
続きを読む >>
Posted by ポピン
世の中 / 18:37 / comments(2) / trackbacks(0)
行き急ぐ性
この間、娘(7)と一緒にレンタルビデオ屋へ行った。
初めて入る店では、どこにアダルトコーナーがあるのか
わからないので、おそるおそる、店内を徘徊する。

が、その店は、いわゆる明確な18禁なコーナーがなく、
よって、見るからにアダルトなものはなかったわけなんだけど、
そのかわりに、ハンパなものが普通に陳列されていて参った。

娘と一緒に狭い通路を曲がった先、正面にバーンと、制服の
女の子がパンツを見せていたりするDVDが陳列されていた。

娘がそれを見て一瞬固まったのを感じた。
思わず彼女の肩を抱いて、足早にスルーした。

罪だなあ。ほんとうに罪だよ。
別に、そういうものを全部なくせばいいとか、言ってるんじゃ
なくて、フツウに誰の目にも入るところにそういうものを
置いておけるオトナの神経がわからないんだ。

某TSUTAYA編 過去記事
(今回の店はTSU●AYAじゃありませんけど)

インターネットによって、そういうものが明るい太陽の下で
市民権を獲得してしまったことが何よりも大きいんだろうけど、
極端にいえば、こういう場に遭遇すると、この国は子どもを
大事にしていないんだな、子育てを支援してくれないんだな、
と感じてしまうね。または、半分いるはずの女のことなんて
考えてくれてないのね、とか。


いかにもどぎついものではなくても、7歳には分かるんだな
と思って、わたしも焦った焦った。子どもと一緒にいると、
「ごめん、オトナがバカでごめん!」って思っちゃうもんね(^^;

童顔な女の子つかって、制服着せて、足ひろげてバカみたいな
かっこさせて、喜んで商品陳列して、バカみたいだよ、オトナ。
そういうのが好きなのは分かったから、そういうのが好きな
人だけに見えるようにしといてくれよーーーーー。

ぜんぶダメだって言ってるわけじゃないんだから、せめて
置き場所に努力するくらいの気概を見せて欲しいものです。
そんなに好きなんだったらそれくらいのこと、してください!


これについては、たまたま見たテレビで関係することを見聞き
したので、続く。
Posted by ポピン
世の中 / 01:54 / comments(2) / trackbacks(0)
町たんけん
社会保険庁の年金記録不明問題で、85〜04年の社会保険庁長官経験者のうち、7人が天下り先の公益法人などから退職金や月額報酬を総額約9億3000万円得ていたとみられることが分かった。

4カ所の公益法人などに17年間所属し、退職金、月額報酬の総計約2億1100万円を得たとみられる長官経験者もいる。別の長官経験者は2カ所に天下り、総額約2億800万を受け取ったとみられる。7人の総額は約9億3000万円に上ることになる。
(2007.6.7 毎日新聞)

労せず「渡り」で稼げちゃうこの人たち。いったい何様!?

つい最近、紳士的で品のあるおじいちゃま、といった感じの
ある社長さんと話していたんだけど、「株で儲けるよりも
やっぱり私は事業で稼ぐ方が楽しいですね(笑」とおっしゃって
いたのを思い出しました。

この方は、大企業を定年まぎわにリストラされて、起業した方。
それなりのお金は持っているだろうと思うけれど、苦労もしつつ、
業績を上げていっていらっしゃる。そして、とってもいい顔をして
笑う人だ。「渡り」の方々はどんなカオをして笑うのだろうか。


というのは前置きで(笑、

国民の血税をむさぼる面の皮が厚い人々がいる一方、今日、
とあるシングルマザーは何をしていたかというと、子どもの学校での
「町たんけん」の付き添いボランティアです。ちーっともお金に
ならないコトだけど
、大切なことだからやってきましたよ、
「渡り」のみなさん!

子どもたちが事前に下見をして、歩くコースも子どもたちが
決め、5人ほどのグループに分かれて、自分たちの町のパン屋さん
や花屋さんや会社さんなどをそれぞれ訪問するというもの。

付き添いの保護者たち(もちろん全員母親である)は、危険なこと
を注意すること以外は原則的に手出しをせず、子どもたちの自主性に
まかせるというルール。

1時間半。太陽サンサンの下、歩き回ってきました〜。
厚かった〜!じゃなくて、暑かった〜!

トイレに寄ることはできないので、水筒などはナシ。
付き添いのわたしの方が自販機で飲み物を買いたくなるほど
干上がってしまった。

小さな子どもたちだから歩くの遅いだろうなんて思っていたら
大間違いで、みんなスタスタ早いのなんの(^^;
よりによって、わたしが担当したのは一番長いコースを回る
グループで、時間内に学校に戻れるかどうかヒヤヒヤして
しまいました。

地図係さん、質問係さん、班長さん、時計係さん。
みんながんばってたなぁ。「しつもんさせてもらってもいいですか?」
と訪問先で元気に訊く姿がかわいらしかったです。

解散時には、班長さんからお礼の言葉が。
「○○さんのおかあさん、今日はありがとうございました。
おかげでいろいろと見ることができました」 うふ。かわいい(^^)

そういうわけで、今日は午後から仕事。がんばるぞ。


そういうことなんです、「渡り」のみなさん。
え? なんのことやら分からない? そうでしょうねぇぇぇ。
Posted by ポピン
ある日 こんなこと / 12:17 / comments(6) / trackbacks(0)
誰のお迎え?
ある官庁の立体駐車場の1階、フツウの人は停められない
VIPな場所に、VIPな濃紺のセダンが2台がきれいに
並んで駐車されていた。

そして、同じく濃紺のスーツをびしりとキメた若い男性が
総勢6人、1台につき3人、やわらかそうな布でせっせせっせと
そのVIP CARを磨き上げているところだった。

すでにまぶしいほどにピッカピカぴかぴかのそのクルマ。
これ以上磨くところなんてないだろうに、1台に3人の
オトコが寄ってたかって、なにやら楽しそうに談笑しながら
クルマの細部におのおの布を当てている姿は異様でした…。
指紋も残さず!?ひと粒の塵も許さず!?(笑。

あまりにヘンな光景に思わず笑ってしまいましたヨ。

しかし、こんなにピカピカにしとかないといけないご主人様って
いったい誰ですかね???何故に1台に3人もですかね???
若い労働力、こんな無駄遣いもあるのだなぁ。
Posted by ポピン
世の中 / 04:51 / comments(4) / trackbacks(0)
結果オーライ度60%
今朝は、とうとうやってしまいました。

小学2年生のいたいけな娘を道連れに、寝坊
8時15分までに登校し、8時45分には1時間目が
始まるというのに、8時半起床の、寝坊

続きを読む >>
Posted by ポピン
ある日 こんなこと / 19:33 / comments(8) / trackbacks(0)