Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
my Copen
Selected Entries
Categories
Archives
Recommend
モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない
モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない (JUGEMレビュー »)
マリー=フランス イルゴイエンヌ, Marie‐France Hirigoyen, 高野 優

Recent Comments
NO FUR
『あなたが買わなければ毛皮をはがされずに済みます』 Fur-Free.com
それでもリアルファー?
Recent Trackback
Bookmark
Profile
Lifeboat
Search This Site
Others

ポピンさんの夜間飛行

Every cloud has a silver lining.
今日もススム。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
君の名は
しとしと雨の降るなか、
君は門塀にへばりついていたね。

初めての出逢い。
未知との遭遇。

君の名は…



さんざん探してようやく見つけた君の名は…




マニアの間では有名らしい、

the !!!




さあ、「続きを読む」をクリックして
未知との遭遇を共有しましょう!!!
続きを読む >>
Posted by ポピン
雑録収納箱 / 23:35 / comments(14) / trackbacks(0)
ひとりごと
最近、気になるひとりごとがある(笑。

いつも決まって、フッと失笑しながら、


「バッカじゃなぁ〜い?」


自分で自分に言ってるの(^^;
自然に口から出るから笑える。
自分の口から洩れたその言葉に癒されたりする(笑。

あ〜。自分に言われたからにはホントにバカなんだな〜、
なんて思って再度失笑して〆る。


関西出身でもないのに、
「アホやねん!」と呟くバージョンもアリ(笑。
Posted by ポピン
雑録収納箱 / 00:20 / comments(2) / trackbacks(0)
ヘンタイ
キアゲハの幼虫を昨日から飼っています。

キアゲハの幼虫は小さい頃から身近な存在。
庭にパセリを植えているので、キアゲハが卵を産みに来るみたい。
キアゲハの幼虫は、パセリのほかにセリ、ニンジン、ミツバの葉
を食べる。(そういう風味が好きなのね)

小学生のとき、キアゲハの幼虫を観察して夏休みの自由研究
にしたことがあります。旅行へ行く途中、変態を遂げた蝶を
高速道路のサービスエリアで放してあげたの。いい思い出です。

いもむし系は大の苦手なんだけど、そんなわけでキアゲハの
幼虫にだけはフレンドリーなわたし。娘も興味津々だったので、
夏休みの自由研究はコレに決まり♪

写真はコチラ↓  *苦手なひとはクリックしちゃダメ(笑。
続きを読む >>
Posted by ポピン
雑録収納箱 / 03:15 / comments(16) / trackbacks(0)
桃井かおり説
宴もたけなわ映像
続きを読む >>
Posted by ポピン
雑録収納箱 / 18:01 / comments(19) / trackbacks(0)
掘って掘って掘って
あー。参った参った!
ばかばか、わたし(><)仕事でではないのだけど、
おっちょこちょい炸裂してしまって、まいったまいった〜!冷や汗
穴を深〜く掘って、日が暮れるまでうずくまっていたいわ〜。
上から砂かけてもらってもいいし。
地球の裏側まで掘り進んで、アルゼンチン国籍とって移住した方がいいかもね。

ふぅ。

そういえば、小学校の担任が、わたしの娘のことを
「本当に純粋よね。本当に」
と言っていた。は〜。そうなんです。純粋なんです。

と、気を逸らそうとしてみたけど、やっぱり穴に入りたいや(^^;
むっき〜〜〜〜〜!!!

見た目?頼れそう?しっかりしてそう?
騙されちゃいけないよ。おっちょこちょいなんだからさ。
見るからにおっちょこちょいなのに実はしっかりしている方が
ずっとマシなんじゃないの〜?ぴかぴか
おっちょこちょいもここまで来ると、詐欺だね、詐欺(自爆。。。

こんなわたしでいいのですか?
いいんです。これからがいいんです! に1票!!
いろんな人がいるもんだなぁ。なんて、自分を客観視する作戦に出る。(ぉぃぉぃ)

おかげで娘がしっかり者の道を歩んでいる。すまんのぅ、娘よ。
Posted by ポピン
雑録収納箱 / 15:10 / comments(14) / trackbacks(0)
「自己紹介バトン?」
『にゃりんたが行く』のにゃりんたさんからバトンを頂戴いたしました。
「自己紹介バトン?」
なんで「?」がついてるん? ?なカンジでいいってことかしらん?

にゃりんたさんは、とっても素直で、物怖じしない感じで、自分を検証する
ことを怠らず、自分の弱さをも認めることのできる芯の強い前向きな方です♪ 
って、ここではにゃりんたさんの紹介はしなくてもよかったのねっと(笑。

では、行ってみよ〜。


1.回す人を5人最初に書いておく

では今回は、きりままさん、桃色行政書士やなぎさん、mamiyanさんに!


2.お名前は?

HN「ポピン」さん(笑。
Q.自分をさん付けしたタイトルってどうなの?
A.これは、「ポピンの夜間飛行」だとポピンっていう人が実在する
ようなカンジがするし…、いや、実在してるんだけど、実在してない
ようなものだから(笑、自分であって自分でないと自分で意識する
ための「さん」付けなんだなぁ。


3.おいくつですか?

おいくつだろう?
いいカンジの大人(笑。隠すつもりはないけど、人物特定ネタは極力
避けるために内緒っ。


4.ご職業は?

行政書士です。自宅事務所でひとりで仕事してます。


5.ご趣味は?

ドライブ。音楽は欠かせない。
ほかは、そのときハマったものにハマる。こういうのを無趣味というのかしら?
興味をもったら自分でやってみないと気がすまない。


6.好きな異性のタイプは?

好きになった人。
「人」が好きな人。笑いもマジメもオールマイティな人。
ウィットのある人。生命力のある人(健康とかいうことではなく)。


7.特技は?

え〜。なんだろう?
のんきさ故のチャレンジャー。


8.資格持っていますか?

普通運転免許(意外にもゴールド1回)、バイク中免♪、英語検定2級、
TOEIC×××点(16年前くらいに受けたから、もう失効よね^^;)
行政書士、とある団体の認定メールカウンセラー、
日本メディエーションセンターのメディエーター初級


9.悩みは何か有りますか?

ア)日本がもっとハッピー度の高い社会にならないかなと。
イ)ひとり事務所なので、サボろうと思えばいくらでもサボれる自分の操縦方法について。
ウ)酔っ払っているのに「ぜんぜん酔ってないねえ」と言われること(笑。


10.好きな食べ物と嫌いな食べ物は?

【好きな食べ物】
おいしいものなんでも。エゴマの葉の漬物。すぐきの漬物。
和食もエスニックも大好き。辛いものは、インド人に心配される程度にOK。
人とお喋りしながら食べるもの。

【嫌いな食べ物】
アルデンテじゃないパスタ。
シャコ(食わず嫌い)。
コンビニのサンドウィッチ&お惣菜パン。


11.貴方が愛する人へ一言

逢えて嬉しい。あなたはわたしの宝物で〜す。


12.回す5人を指名すると同時にその人の紹介を簡単にお願いします。

きりままさん  のんべ(笑。娘さんを寝かしつけたあとのビールが至福のとき♪
  仕事も子育てもしっかりしていらっしゃるあったかいシングルママ。
  いつかお酒をご一緒したい(^^)

桃色行政書士やなぎさん
  ボディピアスにチャレンジしようとしていらっしゃる最愛の奥様を
  優しく見守るやなぎさん♪
  奥様に読まれるのを分かっていながらもいろいろ書いていらっしゃるのは
  家庭円満の証拠でしょうか(^^)

mamiyanさん
  ダンナ様と遠距離恋愛中♪ ダンスにアートに邁進!
  エネルギッシュなモテモテ女。
  時折チラリと見せる母の愛情にもホロリ。
  GOGO!mamiyanさん(^^)

よかったらバトンを受け取ってください。



以上です、にゃりんたさん!
にゃりんたさんのモラハラ記事で救われる人が増えますように♪
Posted by ポピン
雑録収納箱 / 16:09 / comments(6) / trackbacks(5)
5歳で北アルプスデビュー!
寒面白い(笑)HP発見。『家族登山のすすめ』

息子さんが5歳のときから北アルプスなどに連れていっている
ご夫婦の山行記録HP。すごーい!

崖を子どもがよじ登ってる!(><)

以下、引用。息子さんが6歳のときの山行記録より。
「北岳、間ノ岳、農鳥岳 南アルプスロングコース(4日間)」
 ≪間ノ岳山頂にて≫
 間ノ岳の山頂はだだっ広くて、風も強い。
 風を子供は嫌がる。体の軽いため体が飛んでしまうのだ。
 横でカミサンの悲鳴も聞こえる

わたしの子も今6歳。3,000m級の山のてっぺんで、娘の体が
飛んでいってしまいそうな図はあまり想像したくない(笑。

そして、12歳では剣岳。「カニのヨコバイ」だの「カニのタテバイ」だの
背筋がヒヤリとする写真ばっかり。息子さんもすごいけど、「カミサン」もすごい(笑。

お父様は、絶壁の写真の横にこんなコメントをつけていらっしゃる。
息子とカミサンはどこ?  下りながら振り返ると剣岳山頂が見えた』

このお父様の超然悠然ぶりがなんだか可笑しいの。
冷や汗ものの写真に、ほのぼのコメント。ゾクゾクしながらも
ついつい笑えてしまう家族アドベンチャー(^^)


山でほのぼのと鍛え抜かれたであろう当の息子さん「遥生さん」は、
現在PaperBagLunchboxという名のバンドで、CDデビューを果たしているらしい。
(HPのプロフィール欄より)
Posted by ポピン
雑録収納箱 / 02:55 / comments(4) / trackbacks(1)
「そこに山があるから」
海好きなわたしが山に初めて興味をもったのは、高村薫の『マークスの
山』
を読んだときだろうか。南アルプス北岳が出てくるのだけど、命を
奪う冬山の非情さに身震いしたものだ。ちなみに、映画『マークスの山』は
小説にくらべて描写が物足りなかったような記憶がある。特に看護婦役の
女優がわたしのイメージと全然違っていてガッカリした。

わたしの妹は、山に登っていた。わたしが『マークスの山』の感想を
きゃーきゃー話していたら、「北岳登ったことあるヨ」なんて言うもの
だから、すっかり敬服してしまったものだ(笑。

彼女は南アルプス(?)を縦走したり、沢登り(ロッククライミング
みたいな感じか?)をしたり、よく分からないけど、なにやらすごい
経験をしているのだ。頭よりずっと上に突き出す大きなザックを
背負って、何日も帰って来なかったしね。

そして、今年の冬にNHKで放映されたドラマ『氷壁』。ハマりました。
『氷壁』の登山シーンに興奮したわたしたち姉妹は、雪の夜に登山の
装備をしてコンビニに出かけたおバカさんなのであるが、見終わった
後に、原作の『氷壁』(井上靖著)、『空へ〜エヴェレストの悲劇は
なぜ起きたか』
(ジョン・クラカワー著)、『狼は帰らず〜アルピニスト
森田勝の生と死』
(佐瀬実著)と、山関係の本を買い集めたわたしも
けっこうノリのいいおバカさんである。

で、井上靖の『氷壁』をこの間一気に読み終えた。井上靖といえば、
小学校のときに読んだ『しろばんば』や『あすなろ物語』、『敦煌』の
イメージが強かったけど、こんなドラマチックな小説も描いていたとは
知らなかった。

この原作も、NHKのドラマも、素晴らしい。井上靖の原作は、当時
国内で本当に起きたザイル切断事件をモデルにしているらしいが、
ドラマの方は、時代背景を変えて、舞台をK2に、ザイルをカラビナに
してある。原作に忠実でありながら、新しい『氷壁』を描いている。
ん〜。本当に素晴らしい。

ああ。だいぶ話がそれてしまった。本当はアルピニストのことを
書こうと思ったの。昨日、公証役場の待合室で待っていたときに
備え置かれていた登山雑誌ヤマケイこと『山と渓谷』を読んでいた
のでね(笑。(ヤマケイっていう呼び方も我が妹に教わった^^)

その『山と渓谷』では冬山での雪崩の分析をしていて、“遺体発見現場”
などという単語が当たり前のように地図に記載されていたりして、
やっぱり登山は死と隣り合わせなんだなぁ、なのに、なぜ登る?と
考えていたりしたの。

100メートル垂直の氷壁に取り付いているアルピニストの写真など、
なんでー!?なんで登るの!?ワケわかるようなわかんないような…
登れるわけないんだけど登ってみたいような…とムズムズしてしまう。

ドラマ『氷壁』でも、山本太郎と玉木宏が山に登らずにはいられない男を
演じているのだけど、エンディングに流れるK2の美しくも非情な姿を
見ていると、ぎゃー!なんでこんなところに登ろうとするかなーバカバカ!
って思ってしまうんだな。でも、そんなあなたが好き、みたいな(笑。
(あ。おバカなのはわたしだったか)

そんなわけで、表題は、イギリス人の登山家ジョージ・レイ・マロリーが
1923年にニューヨーク・タイムズ紙のインタビューで、「なぜ山に登るか」
という質問に答えた言葉。『Because it(エヴェレスト) is there』
“そこに山があるから”

彼は、1922年に人類史上初めて標高8,000mを越えた。当時の彼の
装備は、現代からすると、信じられないほどの軽装備だったようだ。
常人では富士山すら登頂することはムリだろうというほどのものであった
らしい。

彼は1924年に再度エヴェレスト登頂にチャレンジする。しかし、途中で
行方不明に。そして、1999年に標高8,160m付近で遺体が発見された。
マロリーがエヴェレスト登頂を果たしたのかどうかは、いまもって謎だ
ということだ。
Posted by ポピン
雑録収納箱 / 23:27 / comments(4) / trackbacks(0)
マイナス4000gレポート?
まだやってたの?

徹底していないために、減ったり増えたりを繰り返しながら、
見るべき効果もなく現在に至る。
かろうじて、昨日現在はマイナス1200g。
こんなもん、誤差程度よねぇ。

好きだった頃の自分のカラダ具合が思い出せなくなってきたため、
ついつい遠い目をしてしまい、現状維持で甘んじようと発想の転換を
図り、ある種の新境地を見出そうとしている自分がいたりする。
これが新しいあたしなのよ♪な〜んてさ…。ふ。

  (その新境地には行ってはダメだーーーっ!)

ということで、やる気のなさに喝を入れるべく、他人のカラダを
利用させていただくことにした。


ふ(笑。

アンジェリーナ・ジョリー。
本棚のよ〜く見えるところに貼ってみた(笑。

なにをやるにもイメージを持つことが大切でしょ?でしょ?

つい先日、久々にお会いした親愛なる師から 『おまえさん、イイ女で
いないとダメだぞぅ!』と言われた。…うん。はい。そうでしたね。
久々に会おうが、師はすべてをお見通しなのだよ、キミ。

「新しいあたし」路線で納得しかけていたわたしにグッサリと刺さり、
ぐいっと引き戻してくださったこのお言葉に感謝せねばー!
開業前に戻す程度じゃつまんないか。全盛期(なんだそれは)を目指して
上方修正、マイナス6000gで行くかねっ!?


とか言いながら、どことなく他人事のようなこの文面。
どうしてくれよう。
Posted by ポピン
雑録収納箱 / 12:42 / comments(14) / trackbacks(0)
前置きが長いけど。ニコラスなケイジ
昨日の記事ではみなさまありがとう。
いろんなご意見を聞いて、おかげさまで脱力できました〜(笑。
ゆっくりレスします(^^)

さて、わたしは昔勤務していた会社の社長が大好きです。
あんな風に年をとりたいと思う身近なモデル人物とさせていただいて
いるし、たくさんの自信と希望と勇気を授けてくださった恩師です。
続きを読む >>
Posted by ポピン
雑録収納箱 / 12:58 / comments(13) / trackbacks(0)